Notice: Undefined offset: 0 in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 12 Notice: Trying to get property of non-object in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 12 私たちのくらしと海藻 | 一般財団法人 公園財団
公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
アートパンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
Notice: Undefined offset: 0 in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 29 Notice: Trying to get property of non-object in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 29
私たちのくらしと海藻

をご存じでしょうか。夏の渚で見つけた緑色のビロードみたいな海藻。それが海松です。現代ではめったに食べられないのですが、古くはおなじみの食材だったようで朝廷に献上されていました。その姿から有職文様として海松文があり、装束をはじめ種々の工芸に生かされています。更にその色は海松色という伝統色になりました。昔の人の美に対する感覚におどろかされます。

 

 

 

海に囲まれたわが国では、食材として海藻は欠かせません。こんぶ・わかめ・てんぐさ・のり・ひじき・もずく・あらめなどが食卓にのぼらぬ日はないでしょう。おいしいばかりか食物繊維やミネラルたっぷりで私たちの健康に役立っている海藻ですが、アジアの一部地域の人々しか消化できないのだと聞きました。私たちは本当に恵まれていますね。

 

 

 

ところで、海藻の用途は食用ばかりではありません。例えば、伝統工芸による壁の土はつのまたなどの煮た汁でこねて作ります。国宝の建築も海藻がなくては作れないのです。製塩にはほんだわらを重ねて海水を掛け、それを焼きます。歌に詠まれる「藻塩焼く」とはこの作業を指します。またふのりは絹ののりづけに欠かせませんし、昔は髪を洗う時にも使われていました。変わった用途としてはを駆虫薬として広く用いたことでしょうか。現在、食用以外の使われ方として最も一般的なもの。それは寒天培地かもしれません。

 

 

 

てんぐさから作られる寒天をベースにしてシャーレを入れ、培養しているようすは誰しも目にしたことがあるはずです。世界じゅうの研究機関や医療機関でてんぐさは役立っているのです。

 

 

今日も海藻の利用についてさまざまな研究が進んでいます。画期的な用途が発見されるのも遠くないと期待されるところです。

 

 

 

 

緑花文化士 川本幸子

20198月掲載

 



同じカテゴリの記事
Notice: Undefined offset: 0 in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 37 Notice: Trying to get property of non-object in /home/kouen/html/wp-content/themes/twentyfourteen/single.php on line 37