公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
私たちのくらしと海藻
海松(ミル)<br> 写真提供:千葉大学 海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場

海松(ミル)
 写真提供:千葉大学 海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場

をご存じでしょうか。夏の渚で見つけた緑色のビロードみたいな海藻。それが海松です。現代ではめったに食べられないのですが、古くはおなじみの食材だったようで朝廷に献上されていました。その姿から有職文様として海松文があり、装束をはじめ種々の工芸に生かされています。更にその色は海松色という伝統色になりました。昔の人の美に対する感覚におどろかされます。

 

 

 

海に囲まれたわが国では、食材として海藻は欠かせません。こんぶ・わかめ・てんぐさ・のり・ひじき・もずく・あらめなどが食卓にのぼらぬ日はないでしょう。おいしいばかりか食物繊維やミネラルたっぷりで私たちの健康に役立っている海藻ですが、アジアの一部地域の人々しか消化できないのだと聞きました。私たちは本当に恵まれていますね。

 

 

 

ところで、海藻の用途は食用ばかりではありません。例えば、伝統工芸による壁の土はつのまたなどの煮た汁でこねて作ります。国宝の建築も海藻がなくては作れないのです。製塩にはほんだわらを重ねて海水を掛け、それを焼きます。歌に詠まれる「藻塩焼く」とはこの作業を指します。またふのりは絹ののりづけに欠かせませんし、昔は髪を洗う時にも使われていました。変わった用途としてはを駆虫薬として広く用いたことでしょうか。現在、食用以外の使われ方として最も一般的なもの。それは寒天培地かもしれません。

 

 

 

てんぐさから作られる寒天をベースにしてシャーレを入れ、培養しているようすは誰しも目にしたことがあるはずです。世界じゅうの研究機関や医療機関でてんぐさは役立っているのです。

 

 

今日も海藻の利用についてさまざまな研究が進んでいます。画期的な用途が発見されるのも遠くないと期待されるところです。

 

 

 

 

緑花文化士 川本幸子

20198月掲載

 

てんぐさの天日干し

てんぐさの天日干し

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2