公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
カラスウリの魅力
カラスウリの果実

カラスウリの果実

子どものころ、カラスウリの真っ赤な実は野山の宝物のような存在でした。秋も遅くなって雑木が葉を落とす頃、藪に絡みついた宝物を手に入れようと、顔や手にひっかき傷をつくりながら崖をよじ登ったことを思い出します。

何年か前、そんな懐かしさに誘われて、赤い実のついた蔓を取ってきて、壁につるしておいたことがあります。その後どうしたかは覚えがないのですが、ある日、庭に独特の葉を見つけました。そのまま放っておいたら、白い縦縞のある緑の実をつけたのです。かわいい“うり坊”です。

 

この植物は、果実だけでなくいろいろな面で魅力を持っています。まず、果実の中にある独特の形をした種子です。打ち出の小槌と思い込んでいましたが、枝に結びつけた文(ふみ)に見立てタマズサ(玉梓、玉章)と呼ぶそうです。

 

『広辞苑』によると、【たまずさ】の項には、「古代、手紙を梓の木などに結びつけて使者が持参したことから」①手紙②使者③カラスウリの核※ という三つの意味が示されています。なんとも風流な呼び名です。小さな種子の形に着目した、古人の感覚の鋭さには感服いたします。

 

種子(打ち出の小槌か恋文か)

 
ところで、庭に生えたカラスウリ君、持ち前の旺盛な成長力で伸び過ぎ、退治されるはめになってしまいました。その時、根元を掘り起こしてみてびっくり。根の上部がいくつかに枝分かれし、節くれだった指のようになって栄養を蓄えているのです。あの生命力の源はここにあったのです。

 

そして極めつきの魅力は、あのレースを広げた花です。とても繊細で優美に見えるにもかかわらず、どこか魔性を秘めているように感じます。夕方開き、朝には丸くしぼんでしまうところなど、夜の世界の秘密を閉じ込めてしまったかのようです。
真夏の夜、魔性の花に誘われて、宴に興じる夜の蛾たちの姿を、いつかそっとのぞいてみたいと思っています。

 

 

※『大言海』『広辞苑』では“核”と記していますが、『国語大辞典』(小学館)では“種子”と表記しています。“種子”の方が適していると思います。

 

(緑花文化士 小林 正明) 2019年1月掲載

枝分かれした根

枝分かれした根

魔性の花

魔性の花

区切り線
過去記事一覧
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2