公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
常磐の木 タチバナ
タチバナの花と実<br>前年の実が花時にも残っている<br>(京都武田薬用植物園にて)

タチバナの花と実
前年の実が花時にも残っている
(京都武田薬用植物園にて)

「橘の薫る軒端の・・・」と、唱歌「夏は来ぬ」にも歌われているタチバナは、西日本の海岸近くの山に生える日本固有の柑橘類で、神聖な木として、古くから神社や寺院の庭などに植えられてきました。北国では馴染みの薄い木かもしれませんが、御所の紫宸殿を模した雛飾りの「右近の橘」や家紋、文化勲章の図案など、案外身近な植物なのです。

 

タチバナの名前の由来には、次のような話があります。『古事記』や『日本書紀』によると、第11代垂仁天皇は、常世の国にある不老不死の霊木「非時香菓(ときじくのかくのこのみ)」を採りに行くよう田道間守(たじまもり)に命じました。苦節10年、ようやく手に入れた木の実を持ち帰りましたが、天皇は前年に崩御。間に合わなかったことを嘆き、御陵に実のついた枝を捧げて泣き崩れ、その場に果てました。それから、この木のことを「たじまもり」が訛って、「たちばな」と呼ぶようになったということです。

 

のちに元明天皇は、「橘は果子の長上、人の好むところ」といわれ、昔、果物や木の実が「菓子」であったことから、田道間守は菓祖神として祀られるようになりました。

 

タチバナは、5、6月ごろ、香りのよい白い花を咲かせ、秋に黄金色の小さなミカン状の実をたわわにつけます。常緑の葉に白い花や黄色い実は、とても鮮やかで、見ているだけで心が温かくなります。でも、昔の人は、花や実より常緑の葉を好み、いつまでも変わらない「永遠」にたとえました。聖武天皇は、「橘は 実さへ花さへ その葉さへ 枝に霜降れど いや常葉(ときは)の木」と、タチバナを賞でられました。その艶やかで緑濃い葉に、永遠の命や栄を祈られたのでしょうか。

 

緑花文化士 清水 美重子

2017年3月掲載

タチバナの実<br>(京都武田薬用植物園にて)

タチバナの実
(京都武田薬用植物園にて)

区切り線
過去記事一覧
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2