公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
早春の楽しみ
現在散歩中のコースに残る貴重なアズマイチゲ

現在散歩中のコースに残る貴重なアズマイチゲ

もう40年以上前からになりますが、春先の天気のよい日になると、散歩の途中で毎年立ち寄るところが幾つかあります。初めはまだ畑や田圃がたくさんありのどかでした。ハルリンドウを見つけた時はとても嬉しかったものでした。タチツボスミレやジロボウエンゴサクがあちこちでみられ、楽しく散歩をしていました。そのころ見つけた花々の幾つかを挙げてみると、イチリンソウの群落が数か所、アズマイチゲも見つけましたし、オドリコソウやキンランも花を咲かせていました。アマナは畑の回りや墓地などに残っていて毎年花を見せてくれます。やがて、畑や田圃は住宅地に変わっていき、ハルリンドウやジロボウエンゴサクはみられなくなり、散歩の途中で立ち寄る所も一つ二つと減っていきました。

 

現在でも花が残っている所を考えてみると河川改修で真っ直ぐに直したために取り残された旧河川、古くから続く農家の敷地内に作られた墓地、畑の回りに取り残された草地など、開発から逃れた場所です。今では、どちらを向いても住宅地で外来種以外何もないように見えますが、それでも注意して観察してみると、あちこちに花が咲いているものです。先日は、交通量の多いアスファルトの道路から30mほど入った切り通しの崖にタツナミソウを見つけました。暖かくなって花を付ける頃がたのしみです。

 

これまで散歩の途中に楽しんできたキンランなど、絶滅危惧種として挙げられる植物の中には、人の生活が生態系の一部に組み込まれて成り立っていた里地、里山の植物が多くあります。人の生活形態が変わり、里地や里山が住宅地に変わって行くのは仕方ないのかもしれませんが、現在の人の生活の中における、里地や里山のもつ意味や役割をもう一度考えてみることも必要なのではないでしょうか。どのような形態が良いかは、人により考えは違うかもしれませんが残せるものは残して欲しいと考えています。

(緑花文化士 豊島 秀麿)
2019年3月掲載

 

 オドリコソウ            キンラン

アマナ

アマナ

区切り線
過去記事一覧
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2