公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
いにしえの薬草‘ガガイモ’
小さな花束、ガガイモの花

小さな花束、ガガイモの花

夏も終わりを迎える頃、藪や道路わきの植え込みにからまった蔓に、ガガイモの花が咲きだします。綿毛に覆われたピンクの5弁の花の集まりが、まるで小さな花束のよう!花粉を運んでくれるマルハナバチや、ツチバチを呼ぶためか、強い香りを放ちます。

晩秋になると紡錘形の実が裂けて、絹糸のような‘種髪’をつけたタネが一つずつ、ふんわりと旅立ちます。タネがすべて旅立った後の実は、まるでカヌーのようです。

古名をカガミグサと言い、漢方では強壮剤に用いたり、生の茎葉を解毒や腫物治療に用いたそうです。古事記によれば、「スクナビコナノミコト」という薬草を司る小さな小さな神様(一寸法師のモデルという説も。)が「天之蘿摩船」(あまのかがみのふね、ガガイモの実のこと)に乗って波がしらを伝って日本においでになり、「大国主の神」の国造りを助けられたとか。

渡りをする蝶として有名な「アサギマダラ」(タテハチョウ科マダラチョウ亜科)の食草は、イケマ、オオカモメヅル、キジョランなど(すべて旧ガガイモ科)ですが、時にはガガイモを食草とすることもあるそうです。ガガイモの仲間には毒があり、アサギマダラはその毒を体に取り込むことで、天敵の鳥から身を守っているのです。アサギマダラも、ガガイモを薬草として利用しているんですね!

ガガイモ科はDNA鑑定により、キョウチクトウ科にまとめられました。沖縄や台湾には、マダラチョウ亜科の蝶で唯一、以前からキョウチクトウ科の「ホウライカガミ」を食草とする「オオゴマダラ」がいます。人間が研究するよりずっと以前から、ガガイモもホウライカガミも同じ仲間だと、チョウたちは知っていたんですね。あっ、もしかしたら、いにしえの人たちも知っていたのかな?カガミグサとホウライカガミが同じ仲間だと!

 

(緑花文化士 服部早苗)2017年8月2日掲載

 

‘種髪’が今にも飛んでいきそうなガガイモの実

‘種髪’が今にも飛んでいきそうなガガイモの実

区切り線
過去記事一覧
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2