公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム 機関誌「公園文化」
みどり花コラム
イチョウ並木と精子
11月から黄葉が楽しめる国営昭和記念公園のイチョウ並木

11月から黄葉が楽しめる国営昭和記念公園のイチョウ並木

国営昭和記念公園の立川口を入って、カナールにそった両端にイチョウ並木があります。普通の街路樹と違う感じがするのは樹の高さが切りそろえられている点です。隣接地に滑走路があるためですが、独特の景観です。秋、このイチョウ並木の金色の葉と散り敷いた葉の景色は、二人連れが歩くのに、とても似合うと思います。二人は必ずしも若い男女だけではなく老夫婦、女同士、或いは男同士でもそれぞれよい景色です。

 

イチョウは日本と中国に分布している植物ですが、中国では自生地が確認されていますが、日本ではすべて人の手で植えられたものか、或いはそこから広がったものと思われています。またイチョウは種子植物でありながら、精子をもつ植物でもあります。この精子は1896年、平瀬作五郎によって東京大学の小石川植物園のイチョウの樹で発見されました。

 

イチョウは、一目、一科、一属、一種という孤立した植物です。おそらく1億5千万年前頃からこの形を変えずに生きてきた植物です。イチョウは種子を作る種子植物ですが、裸子植物ですので果実は作らないのです。しかし、ご存知のように銀杏を(ぎんなん)をひろうとき、あの臭い果実のようなものがついています。あの部分は果実ではなく種子の一部(種衣)なのです。種子の外側は臭いだけでなく、人によってはかぶれる成分を持っているので、銀杏拾いをする時は注意が必要です。

 

1億5千万年生き続けているイチョウが、公園の秋の二人づれに似合う景色を作っています。

 

(緑花文化士 森江 晃三)2018年11月掲載

※今回のコラムは、国営昭和記念公園で販売されている『国営昭和記念公園オリジナル 植物ガイドブック 花ごよみ』からの出典です。

 http://www.showakinen-koen.jp/information/guidebook/

国営昭和記念公園の植物174種が季節ごとに掲載されている。

国営昭和記念公園の植物174種が季節ごとに掲載されている。

区切り線