公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
志賀直哉と赤城の躑躅つつじ
覚満淵をバックに咲くアカヤシオ

覚満淵をバックに咲くアカヤシオ

志賀直哉が群馬県の赤城山を題材にした作品では『焚火』が有名ですが、先日、全集で『赤城にて或日』と題する短編を見つけました。作者はこの作品の冒頭で、「赤城には三種の躑躅があつて」と、赤城山に咲くツツジを紹介しています。直哉のことばで描写されているこれら三種のツツジがいったい“何ツツジ”を指しているのか興味が湧き、考えてみました。

 

【一】「最初に咲くのがよく赤城躑躅と云つて東京の縁日などで堅い蕾のまま枝を売つて居る」と記し、「他の木と一緒に切つ立ての岩の間などから二丈も三丈も幹を延して居る」と表現しています。このツツジはアカヤシオだと思われます。春、周囲の木々の若葉が芽吹く前に、急峻な岩場で淡いピンクの大輪の花を付けている光景から、赤城に春を呼ぶツツジと言って良いでしょう。特に、覚満淵や大滝をバックに咲く風景はカメラマンの人気の的になっています。

 

【二】「其次に咲くのが(中略)色も種々で随分美しい」「二間位の高さに延びたのが(中略)枝を笠のやうに展げたのを見かける事がある」と書いています。さて、これは“何ツツジ”でしょうか。花の色に変化があることからサラサドウダンを連想しました。しかし、ドウダンツツジ類は小さな花が下向きに咲くので、「随分美しい」と描写するほど目立つでしょうか。そこで、赤城の動植物に詳しい友人のKさんに意見を聞いたところ、ヤマツツジでしょうとの答えでした。不覚にも私はヤマツツジの花にいろいろな色のあることを知らなかったのです。

 

個体によって微妙に花の色が違うヤマツツジ

個体によって微妙に花の色が違うヤマツツジ

 

【三】「最後に咲くのが殆ど山一杯、何処にもある小さい灌木の躑躅」です。これは、間違いなくレンゲツツジでしょう。六月ころ最も目立つツツジで、特にかつて放牧地であった新坂平付近では、牛に食われることなく残るので一斉に咲きそろう景観は、赤城の象徴として今も見ることができます。

 

新坂平のレンゲツツジ(撮影:粕川昭久氏)

新坂平のレンゲツツジ(撮影:粕川昭久氏)

 

そして、直哉は「二番目の躑躅の盛りの時」妻を同伴して鈴ヶ岳に登り、岩穴で野宿します。集めた枯れ枝を燃やして雑炊をつくり、蚤に悩まされながらの一夜を経て、翌日のんびりと散策して帰宿するという体験を綴り、大正四年の赤城の風物を生き生きと描き出しています。

 

(2022年5月掲載)

緑花文化士 小林正明

区切り線
過去記事一覧
志賀直哉と赤城の躑躅つつじ
花のきょのいろいろ
桜の園芸文化
動物を利用してタネを散布する植物
お餅とカビ
危ない!お豆にご用心
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2