公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
小松原湿原への小さな旅
コバイケイソウ

コバイケイソウ

新潟県、苗場山の麓にある小松原湿原では、木道のまわりに、たくさんの山野草が点在し、短い夏には一斉に花を咲かせます。

中越地震の翌年の6月に、夫と訪ねました。バスを降りると、夫は、砂利道を石車にも乗らずにスタスタと歩いていきます。だんだん斜面が急になってきたように思えたのでそう言ったら、「一生懸命歩きなさい」と言われてしまいました。ごもっともです。そんな私を励ますように、小梅蕙草(コバイケイソウ)がつぼみをいっぱいつけて立っていました。斜面の上の方を見ると、灌木の間に緑のかたまりがありました。「ああ、あったよ」と、思わず大きな声で言ってしまいました。下から見てもそれはそれは見事です。みずみずしい茎があり、その上に大きな葉っぱがあり、そのまた上に小さな葉っぱがあって、細い二股の茎の先に小さな白い花が黄色いしべをもってやっと現れるというわけなのです。これが山荷葉(サンカヨウ)です。今まで歩いた道より2メートルしか左に入っていないのに、これで終わりなのかな、もっとあるはずだと思っていたら、先をゆっくりと歩いていた夫が「ほーら、いっぱい咲いているがね」と言うのが聞こえました。そこは、お日様が当たって明るくて、やや平らに見えました。白根葵(シラネアオイ)の群生です。風が吹くとだめになりそうな淡い紫色の花びらが震えていました。

私は、自分の好きなものが目の前にあると、気が違ったみたいに大喜びをしてしまい、いつも夫にあきれられます。
あんな大きな地震の後でも、草花たちは大地に根を張って、太陽に向けて葉を伸ばして生きています。儚げに見える花のたくましさに、胸がいっぱいになりました。

(緑花文化士 松村 文子) 2018年6月掲載

サンカヨウ

サンカヨウ

シラネアオイ

シラネアオイ

区切り線
過去記事一覧
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2