公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
いずれアヤメか
網目状の模様(アミメ)があるのがアヤメ、<br/>と覚えると忘れにくい

網目状の模様(アミメ)があるのがアヤメ、
と覚えると忘れにくい

六月。野原や水辺にさまざまな花が見られる季節です。この頃咲く花でよく似たものに、アヤメ、ハナショウブ、カキツバタがあります。「いず菖蒲あやめ杜若かきつばた」(広辞苑)という慣用句もありますね。

 

国語辞典によると菖蒲はあやめとも、しょうぶとも読むことができます。アヤメはアヤメ科の植物で大きな花びらをつけますが、ショウブはショウブ科(APG分類体系)で長さ5~6cmの穂状の花序をつけます。まったく違う植物なのに不思議です。

 

万葉集には、ショウブのことを、「あやめぐさ」と詠った歌がいくつかあります。この呼び方は、芭蕉の句『あやめ草足に結ばん草鞋の緒』からも、江戸時代まで続いていたことがわかります。ショウブには、その香りから、魔除けの効果があると信じられていたので、草鞋に結んで旅の無事を祈ったのでしょう。ショウブのことを「あやめ」と言っていた時代には、アヤメは「はなあやめ」と呼ばれていました。

 

ハナショウブはアヤメ科のノハナショウブの園芸種で数千種もあり、菖蒲園で見られるとおり、大変華やかです。カキツバタも同様にアヤメ科の植物で、アヤメ、ノハナショウブ(ハナショウブ)と混同されがちです。
この3種を見分けるには、まず生育地に注目することです。アヤメは山野に、カキツバタは水湿地に、ノハナショウブは山野や水湿地に生えるという特徴があります。また、アヤメの外側の花びらの基部には、黄色と紫色の網目状の模様がありますが、ノハナショウブのものは黄色の細長い三角状の斑になっています。カキツバタのそれは、白~黄白色の斑になって中央部まで伸びています。葉の幅にも違いがあり、カキツバタが最も幅広で2~3cm、アヤメが最も狭く1cm程度。ノハナショウブはその中間と言うことができます。
いずれアヤメか?ややこしいですね。

 

緑花文化士 三輪 礼二郎
2021年5月掲載

 

 

ハナショウブには花の中央に必ず<br/>三角の黄色い班がある

ハナショウブには花の中央に必ず
三角の黄色い班がある

葉の幅が広く、白い班のあるカキツバタ

葉の幅が広く、白い班のあるカキツバタ

区切り線
過去記事一覧
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2