公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
トリカブトの話し
エゾトリカブトの花

エゾトリカブトの花

今生は病む生なりき烏頭  石田波郷

トリカブトは、秋の草地や山地に咲く紫色を帯びた美しい花です。しかし、トリカブトという種名の植物はなく、キンポウゲ科トリカブト属の総称で、レイジンソウとトリカブトのグループに大別されます。

俳句歳時記(角川学芸出版編)を見ると、トリカブトは秋の季語で、鳥兜または烏頭の漢字が当てられています。その説明には、「花の形が舞楽や能の冠物「鳥兜」に似ていることからつけられた名。全国に三十種ほどの自生種もある」と記載されています。

もう一つの烏頭は漢方薬の烏頭(ウズ)から来たもので、これはトリカブトの根を乾燥させるとカラスの頭のように見えるからでしょう。同じく、附子(ブシ)と呼ばれるものもありますが、こちらは母根(烏頭)の横についた子根のことです。

冒頭の波郷の句の烏頭は、よいイメージで取り合わせたものではありませんね。トリカブトは、ドクゼリ、ドクウツギとともに、日本の三大毒草としてよく知られているからでしょう。

わけても、トリカブトの毒性は最強で、古くはギリシャ神話にも、魔女メディアがこれを用いて、英雄テセウスを亡き者にしようとしたという話があります。

日本では、アイヌの人たちがヒグマを狩るときに、附子を摺りつぶして矢尻につけ、毒矢として利用していました。この毒矢に当たったヒグマは数分のうちに倒れたということです。不思議なことに、全身を回った毒は全部傷口のところに集まってくるので、その部分だけ切り取ればよかったそうです。

この毒をクモの口にぬると脚がバラバラになるほどで、主成分はアコニチン。自然毒としては、フグ毒(テトロドトキシン)に次ぐ強さです。使い方によっては、薬にもなるなんて、不思議ですね。

 

(緑花文化士 三輪礼二郎)2017年7月

 

 

■引用及び参考文献
角川学芸出版編(2007)『俳句歳時記 第四版 秋』角川学芸出版,p197.
福岡イト子(1995)『アイヌ植物誌』草風館
朝日新聞社編(1969)『続北方植物園』朝日新聞社
石井由紀(2000)『伝説の花たち』山と渓谷社

2017年7月掲載

区切り線
過去記事一覧
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2