公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
みどり花コラム
春の楽しみ
若菜を摘む早春の谷地田

若菜を摘む早春の谷地田

春の野山を歩く楽しみは摘み草です。子供の頃、日当たりの良い川の土手には土筆つくし(スギナ)や餅草(ヨモギ)が芽生え、湧き水の池には香り高いせりが生えていました。姉とこれらの若草を摘んで帰ると、母が料理してくれました。春になると懐かしく思い出され、散策の折に一握り摘んできて味わいます。

 

現代は食生活や自然環境が大きく変化し、摘み草を楽しむ人が少なくなりましたが、遠い万葉の時代、宮廷では春を告げる年中行事として、若菜摘みが行われていました。
万葉集の巻頭の歌は雄略ゆうりゃく天皇です。

 

 

もよ み持ち ふくしもよ みぶくし 持ち この岡に 菜摘ます児 家らせ
らさね そらみつ 大和の国は おしなべて 我こそれ しきなべて 我こそ
いませ 我こそは らめ 家をも名をも

 

 

天皇が若菜を摘む娘達に求婚する事で、神に作物の豊穣を祈る、国の大切な農耕儀礼でもありました。巻頭にふさわしい歌です。
万葉集の若菜摘みの歌を探してみました。

 

 

春日野に 煙立つ見ゆ 娘子をとめらし 春野のうはぎ(ヨメナ) 摘みて煮らしも  作者未詳

 

 

若菜は煮てあつもの(吸い物)にして皆で食べます。春日野で行われている若菜摘みを、煙の登る様子を見て思っています。人々が賑やかに集い楽しむ野遊びの光景が目に浮かぶようです。
若菜摘みの行事は行楽や遊覧の場でもあり、庶民がおおらかに楽しんだのでしょう。

 

 

春の野に すみれ摘みにと 来しわれそ 野をなつかしみ 一夜寝にける 山部赤人

 

 

すみれも若菜として羹にします。雪で若菜摘みが出来なくなった折の歌です。

若菜摘みのおとめの立場で詠んだとも考えられています。
貴族のみやびな若菜摘みの遊びが思われます。
万葉の人々は、春の大地より力強く芽吹く若菜に旺盛な生命力を感じ、若菜摘みを行事に託して作物の豊穣や健康を祈りました。
春の野に出かけて、摘み草を楽しみませんか。

 

 

緑花文化士 鯉渕 仁子
2020年2月掲載

芹と餅草

芹と餅草

蕗のとう

蕗のとう

区切り線