公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
コスモスに秘められた物語
国営昭和記念公園のみんなの原っぱのコスモスと大ケヤキ。

国営昭和記念公園のみんなの原っぱのコスモスと大ケヤキ。

9月末から11月初めにかけて、国営昭和記念公園北側の花の丘やみんなの原っぱでは、色とりどりのコスモスの花が見頃を迎え、毎年コスモスまつりも開催されて賑わいます。みんなの原っぱのケヤキと共に東京のふるさと切手にもなって、まさに国営昭和記念公園を代表する花と言えるでしょう。
日本の秋の風景にとてもよく似合うコスモスですが、昔から日本に自生していた種類ではありません。元々はメキシコ原産のキク科植物です。といっても、多くの帰化植物のように、外国からの荷物に紛れて運ばれて来た訳でもありません。
明治時代の初め、西洋美術を教えるために招かれたイタリア人彫刻家が、来日の際に、故郷の自宅の庭に咲いていた花の種を持って来たとも、彼の愛弟子だった日本人女性、清原玉のためにわざわざ取り寄せたのだとも伝えられているのです。二人はやがて我が国初の国際結婚をしました。その後、夫と共にイタリアに渡ったお玉さんは、かの地で女流画家として活躍します。
コスモスは日本の風土に適していました。また、かれんな花が当時の人々にたいそう好まれて次々と植え広げられ、大正時代にはもう、全国で秋の風にそよぐほどになりました。
お玉さんは晩年になってから再び日本に帰って来ました。秋桜というすてきな名前までもらって、愛され続けている日本のコスモスを見て、何を思ったでしょうか。

東京の四季の花・木コレクション 国営昭和記念公園の秋桜 平成18年10月2日発行

東京の四季の花・木コレクション 国営昭和記念公園の秋桜 平成18年10月2日発行


 
ラグーザお玉こと清原玉の墓は麻布の長玄寺というお寺にあります。

 
 

 

(緑花文化士 下田 あや子)2018年10月掲載

 

 

※今回のコラムは、国営昭和記念公園で販売されている『国営昭和記念公園オリジナル 植物ガイドブック 花ごよみ』からの出典です。

国営昭和記念公園の植物174種が<br/>季節ごとに掲載されている。

国営昭和記念公園の植物174種が
季節ごとに掲載されている。

区切り線
過去記事一覧
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2