公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
新しい植物分類

最近、植物の話をしていて、「その花は何科ですか」と聞かれるとあわててしまいます。植物の分類が、新しい手法による分類に変更されているため、その都度、新しい分類表で確認する必要があるためです。谷間の百合ともいわれるスズランは、ユリ科ではなくなりキジカクシ科となりました。赤や黄色に紅葉するカエデの仲間は、カエデ科ではなくムクロジ科となり、カエデ科はなくなりました。スギはスギ科でしたが、スギ科がなくなり、ヒノキ科に入ります。

 

 

新しい方法とは、今まで行われてきた茎・葉や花などの形を比較して分類する方法にDNA(葉緑体DNA)の遺伝情報をもとにした分子系統学の見解を合わせて考える方法です。系統が違うのに、姿形が同じなので同じ仲間になっていたものがわけられ、整理されました。今までの分類では、被子植物を、単子葉植物と双子葉植物の二つに分けて、さらに、双子葉植物を合弁花類と離弁花類に分けましたが、新しい分類では、原始的な双子葉植物、単子葉植物、真正双子葉植物の三つに分けます。双子葉植物を、合弁花類と離弁花類に分けないなど、今までの分類表とはかなりの相違点があり、注意が必要です。

 

 

私の手元にある本や図鑑は、これまでの分類体系のものばかりですので、科名を書くときは新しい分類表(APG分類体系)で確認しています。新しい分類体系による図鑑も出版されていますし、私の家に届く園芸のカタログも新しい分類に基づいた科名になってきています。今後はどんどん新しい方法による科名に書きかえられていくことになるでしょう。図鑑により科名が異なるなどの混乱は避けられませんが、今までの本や図鑑が役に立たなくなるのではありません。植物が変わるわけではないし、分布が変わるわけでもありませんので、科名や属名以外は問題ないと考えてよいと思います。これから図鑑を買う場合は、新しい分類表のものにしますが、使い慣れた図鑑も大切にしたいと思っています。
 

(緑花文化士 豊島秀麿) 2018年8月掲載

区切り線
過去記事一覧
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2