公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
何もかも大きい~トチノキ~

二十年ほど前、ゴールデンウィークを利用して英国旅行をしたときのことです。ロンドンの公園で、いくつもの白い大きな円錐状の花序を空に向けている大木を目にしました。あまりの見事さに、近くにいた人にその木の名前を尋ねたところ、「horse chestnut tree(馬栗の木)」という答えが返ってきました。

 

帰国後、樹木図鑑で調べてみたところ、その木の和名はトチノキ、フランスではマロニエ(セイヨウトチノキ)と呼ばれていることがわかりました。驚いたことに、トチノキはふだん目にしていた木だったのです。いつもの通勤途上にある街路樹だったのです。トチノキは私に、植物に親しむきっかけを与えてくれました。

 

トチノキの特徴は、何もかも大きいことです。樹高・樹幹、花序、種子、葉などのどれをとっても、横綱級の大きさになります。

 

用途も広く、用材、食料、蜜源、街路樹などとして重用されてきました。そのため古くから日本人に親しまれ、栃、橡、止知、杼などの字が当てられています。栃木県の県木に指定されていることも、周知のとおりです。

 

トチノキの花序には、四弁の白い小花が百個ほどついています。花序の下部に雌しべと雄しべのそろった両性花、上部に雄しべのみの雄花(雌しべは退化)をつけており、雄花のほうが圧倒的多数になっています。面白いことに、雄花、両性花を問わず、蜜のありかを示す蜜標の色が、受粉前後で黄色から赤色に変わります。これは送粉者であるマルハナバチなどに蜜の有無を知らせているのではないかと考えられています。

 

ここでは触れませんでしたが、トチノキには郷土性の豊かなトチ餅、掌状の大きな葉、ネバネバの樹脂で覆われた冬芽など、興味深い話題がいっぱいあります。是非調べてみてください。

 

 

(緑花文化士 三輪礼二郎)2019年5月掲載

トチノキの実

トチノキの実

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2