公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
クリスマスローズを植物画で描く

花の写真を撮るのが趣味で、写真をもとに図鑑で名前を確認していました。しかし、複数の写真を見比べても確認できないときがありました。植物画を描き始めて気が付いたのは、花をきちんと見ていなかったということでした。見ようとしなければ見えないものがあるのです。「あなたの家の階段は、何段ありますか」と聞くと、答えられない人が多くいるのと同じです。見慣れた花でも、雌しべ、雄しべ、花弁、萼片などを数えていない場合が多いものです。実物通りに描く植物画は、見ようとしなければ見えないものまで描くことになります。

 

植物画を描くときは、まず、その植物を調べます。クリスマスローズはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年生の植物です。多くが有毒で汁が皮膚につくと炎症を起こすことがあります。私の家には、白い花と、赤紫の花の2種類のクリスマスローズがあります。白い花は名前のようにクリスマスに近い季節に蕾ができてくるので原種のヘレボルス・ニゲルの系統、赤紫のものは早春といえる季節に咲く、ヘレボルス・オリエンタリスの系統のようです。早春にならないと咲かないものをクリスマスローズと呼ぶのは変ですが、日本ではヘレボルス属のものはみなクリスマスローズと呼ぶようです。花びらに見えるものは萼片が変化したもので、本来の花弁は、蜜腺に変化して雄しべの周りを取り囲んでいます。普通の花のように緑の萼片に包まれていないため、蕾のときから綺麗です。花が古くなって本来の花弁である蜜腺が落ちても萼片が変化した花びらは残るので、花の寿命は長いのです。切り花にするときは蜜腺が落ちてからの方が、花がしっかりして長持ちするそうです。

立ち上がった茎に葉をつける有茎種か、付けない無茎種か、花の大きさや葉の大きさ、葉脈や鋸歯はどうなっているか、など様々なことを考慮しながら絵を描いています。植物画を描くと、見慣れた花でも知らなかったことが沢山出てきて驚かされます。知識が増え、植物の世界が広がります。

 

 

緑花文化士 豊島秀麿

(2023年12月掲載)

区切り線
過去記事一覧
稲架木はさぎに会いに
クリスマスローズを植物画で描く
カラムシ(イラクサ科)
園芸と江戸のレガシー
植物標本作りは昔も今もあまり変わらず
カポックの復権
オオマツヨイグサ(アカバナ科)
森の幽霊? ギンリョウソウ
ジャカランダの思い出
水を利用してタネを散布する植物
都市緑化植物と江戸の園芸
スノードロップの季節
枯れるオオシラビソ 蔵王の樹氷に危機
シモバシラ
葛布くずふの話
琥珀
うちの藪は深山なり
神社で出会った木々
光を効率よく求めて生きるつる植物
モッコウバラとヒマラヤザクラ
志賀直哉と赤城の躑躅つつじ
花のきょのいろいろ
桜の園芸文化
動物を利用してタネを散布する植物
お餅とカビ
危ない!お豆にご用心
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2