公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
「思い込み」の桜
平地林のエドヒガン

平地林のエドヒガン

「花咲かじいさん」が咲かせた「花」って、何だったのでしょう。

小学生のころは、ソメイヨシノだと思っていました。絵本の絵が桜だったし、桜と言ったら校庭のそれしか知りませんでしたから。

大人になってソメイヨシノが歴史の浅い花だと知ると、ヤマザクラをイメージするようになりました。そして最近は、梅とか架空の花とかもありだなぁ、と。

まあ昔話ですし、人それぞれの思い込みや感性で自由に想像していいのかもしれません。

ところで、思い込みといえば、私には、自分の身近にはそうそう特別な物事はない、という思い込みがあります。それで生活圏内で絶滅危惧種の植物を見つけた時など、判断を誤ることがあるのです。困ったものですが。

十数年前の3月下旬でした。2つ隣のF町に車で行ったのです。初めての土地。畑と平地林が混在した、のどかな田舎町でした。驚いたのは、その林のあちこちに、桜が咲いていたこと!ソメイヨシノなどは、まだまだ固いつぼみでしたのに。

北関東の林に自生する桜はヤマザクラしか知らなかった私は、単純に考えました。「何か地形のせいかしら?ここのヤマザクラは、早咲きなんだ。」と。

品種が違うのかもとやっと気づいたのはなんと去年です。車を停めて、他人様ひとさまの畑を横切り、ササのヤブをこいで近づくと―葉っぱがなくて花ばかり。そしてその花の、ふくらんだ萼筒は、これは。「エドヒガンだ!」エドヒガン!あの、「淡墨桜」の?「山高神代桜」の?名所古刹の!もう茫然、でした。

今年の3月はF町でゆっくり車を走らせました。やっと正体のはっきりした、エドヒガンのつややかな花色を心ゆくまで楽しみながら。

私がF町に生まれ育っていたら、「花咲かじいさん」の咲かせた「花」は、間違いなくエドヒガン、だと信じていたことでしょう。

 

緑花文化士 田中 由紀子

2017年4月掲載

エドヒガンの花

エドヒガンの花

区切り線
過去記事一覧
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2