公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
水を利用してタネを散布する植物

植物はタネを散布する器官を持っていて、自分で散布する種類もありますが、多くは自然界にある動くものを利用して散布しています。自然界にある動くものとは、風・水・動物の3つです。これら3つのうち風と動物を利用する場合についてはこれまでに書きましたので※1、今回は水を利用して散布する植物のお話をします。

 

水を利用してタネを散布することを水散布といいます。水散布には、①水の流れを利用して散布する方法(これを水流散布と筆者は呼んでいます)と、②降水時の水が落ちる力を利用して散布する方法(降水散布)の2つに分けることができます。

 

水流散布は、水の流れ以外に風によりできた波などでタネが動く場合も含めます。水流はさらに海流・河川流・雨水流に分けます。海流散布する植物としてココヤシ・アダン・ハマオモトなどが、河川流散布する植物としてオニグルミなどが、また、雨水流散布する植物としてネコノメソウ・ユウゲショウなどが知られています。

 

 

 

名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ

故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月

 

ココヤシ(ヤシが砂浜で芽と根を出していた)

ココヤシ(ヤシが砂浜で芽と根を出していた)

 

これは島崎藤村の「椰子の実」の一節ですが、柳田国男が愛知県の伊良湖岬に流れ着いたヤシの実を見て、それを藤村に話したのを藤村が詠んだものとして知られています。ヤシの実が海流によって伊良湖岬にたどり着いたのでしょう。海流散布の良い例です。筆者も沖縄だったと思いますが、小さな島の海辺の砂浜にココヤシの実が流れ着いていたのを見たことがあります。そのヤシは既に芽と根を出していました。また、オーストラリアの海辺でヒルギの実が流れ着いていたのを見たこともあります。海流がタネや実の散布に役立っているのだなあと実感したものです。

 

ヒルギの1種(オーストラリアの海辺で)

ヒルギの1種(オーストラリアの海辺で)

 

40年近く前のことですが、筆者は横浜市の許可を得て、横浜を流れる川の最下流部に人工的にワンド※2を造り、そこに流れ着いたものを1年間調査したことがあります。流れ着いたものの一つにオニグルミの実(植物学的には種子)があります。その後、その川の上流部に行った折に、オニグルミの木が何本か生えているのに気づきました。しかも実をつけていたのです。これらの実が時期に河川流で運ばれ、その一つがたまたま筆者が造ったワンドに入り込んだのでしょう。

 

オニグルミ(上流の川辺に自生)

オニグルミ(上流の川辺に自生)

 

降水散布は雨が落ちる力を利用しています。タツナミソウでは萼に皿状の付属物があり、それに雨が当たるとタネが飛び出す仕掛けになっています。皿状の部分を指で軽く押すとタネがピンッと弾け出てきます。面白いので、タツナミソウの果穂を見かけたらぜひ皿部分を触ってみてください。動物が歩いている折に穂に触っても飛び出すので、動物散布にもなりますが、動物が偶然触るより、雨のほうが確実に降るので、降水散布として捉えるほうがよいと思っています。しかも雨の日にタネが散布するので、播種と同時に散水される状態になります。我々がタネを播いた後に水をまくのと同じことを、雨がしてくれているのです。

 

オカタツナミソウ(萼の皿状の付属物が穂状についている)

オカタツナミソウ(萼の皿状の付属物が穂状についている)

 

緑花文化士 柴田規夫

2023年4月掲載

 

※1 「風を利用してタネを散布する植物(2021年11月掲載)」、「動物を利用してタネを散布する植物(2022年2月掲載)」。

※2 ワンドは本川とつながっている水がよどんでいる所。

区切り線
過去記事一覧
稲架木はさぎに会いに
クリスマスローズを植物画で描く
カラムシ(イラクサ科)
園芸と江戸のレガシー
植物標本作りは昔も今もあまり変わらず
カポックの復権
オオマツヨイグサ(アカバナ科)
森の幽霊? ギンリョウソウ
ジャカランダの思い出
水を利用してタネを散布する植物
都市緑化植物と江戸の園芸
スノードロップの季節
枯れるオオシラビソ 蔵王の樹氷に危機
シモバシラ
葛布くずふの話
琥珀
うちの藪は深山なり
神社で出会った木々
光を効率よく求めて生きるつる植物
モッコウバラとヒマラヤザクラ
志賀直哉と赤城の躑躅つつじ
花のきょのいろいろ
桜の園芸文化
動物を利用してタネを散布する植物
お餅とカビ
危ない!お豆にご用心
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2