公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
サカキの冬芽と花芽
写真1 赤い冬芽と出てきた側芽(稲荷神社にて)

写真1 赤い冬芽と出てきた側芽(稲荷神社にて)

冬は咲く花も少ないので、植物の冬芽や葉痕をみる自然観察会が、多く開催されます。

 

過日、自然観察会を実施している知人から冬芽の話しをしたところ、サカキの冬芽について、参加者から「その冬芽は花芽なのか、葉芽なのか」と質問され、答えに迷ったと知らされました。ハナミズキやクロモジなどでは、冬期に来春開く花芽を見ることができますが、サカキでは見当りませんので、時間を追って調べてみました。

 

写真1はサカキの12月の姿で、今年伸びた枝の先端に、赤い鳥の爪のように曲った特徴的な冬芽がついています。日当りのよい枝では、所々にもう側芽がみられますが、花芽なのか葉芽なのか不明です。側芽は葉のある葉腋や、枝に直接的に着いていますが、直接的に着くところは、葉をつけなかった葉腋だと思います。

 

新年を迎え、4月下旬から5月初旬にかけて、写真2のように、先端の冬芽は新しい枝葉を伸ばし、葉腋についた側芽で枝葉となるものの根元には、先の丸い形をした花芽がつきます。枝葉のない所の側芽も3~4個の花芽となっていきます。

 

この花芽が開花するのは、6月の中旬頃写真3のように、5花弁のロウ細工のような、径15mmほどの厚みのある乳白色の花を、チャの花のように下向きに咲かせます。花にはほのかに香りがあります。花つきは大変よく、それ相当の果実がつくのですが、7月になると多くが落ちてしまい、成熟するものはほんの一部になります。

 

以上のように、サカキの爪のような冬芽は春に伸びて新枝になりますが、年内に花芽をつけず、冬を越して2年目を迎えて、花芽をつけることがわかります。

 

サカキは関東地方では、自生をみるのは難しいので、榊と国字で書くように神事に使われますので、神社の庭をさがすのがよいと思います。

 

緑花文化士 古川克彌

   2017年12月掲載

 

写真2 冬芽は新枝となり伸び、側芽が花芽となっていく

写真2 冬芽は新枝となり伸び、側芽が花芽となっていく

写真3 ロウ細工のような乳白色の厚みのある花を下向きに咲かせる

写真3 ロウ細工のような乳白色の厚みのある花を下向きに咲かせる

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2