公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
アサギマダラ
フジバカマにとまるアサギマダラ

フジバカマにとまるアサギマダラ

エノキとかジュズダマ、カラムシ、ウマノスズクサ、アワブキ、コクサギ、カラスザンショウ、ハンノキ、などなど・・・。何の変哲もないこれらの植物たちを熱心に観察するようになったのは、昆虫の世界に造詣の深い友人ができてからのことです。わたしは、彼のことを「チョウチョ・ハカセ」と呼んでいます。

かなり昔のある秋のはじめ頃、庭のフジバカマの花に見知らぬ大型の蝶がやってきたのを見たときは、夢を見ているのかと思いました。地球上にこんなに美しい蝶がいるなんて!アサギマダラとの初めての出会いでした。ハカセによると、アサギマダラは夏の日本列島の南北を渡りする蝶で、ヨツバヒヨドリとかフジバカマの花での吸蜜が大好き。食草はキジョランとのこと。

他の地方ではどうなのか分かりませんが、わたしの住む広島県内ではキジョランの自生地は数えるほどしかありません。それも深い谷間の森の中です。日常、やたらに見かける植物ではないのです。でも、あの美しい蝶が卵を産んでくれるかもしれないなんてすばらしい。早速キジョランの短い枝を手に入れてきました。

キジョランは、艶のある丸っこい常緑の葉をつけたツル性の植物で、挿し木で容易に発根します。本葉3枚ほどの小さな苗を、支柱を立てて庭に続く裏山に植えました。移植したそのキジョランは、何年も同じ大きさのまま、遅々として成長しませんでした。ところが5~6年も過ぎたころから俄然勢い付き、隣に生えているヤブツバキにツルを伸ばし、這い上がり、よじ登り、ぐんぐん成長して厚みのある大きな葉を増やしていきました。

昨年の秋の終わりごろ、ハカセが裏山のキジョランにアサギマダラの幼虫がいるのを発見しました。幼虫は無事に越冬し、この春は我が家の敷地内から飛び立った個体がいるはずです。たった1本しかないのにアサギマダラのお母さんは、広い空からどうやってあのキジョランを見つけてくれたのでしょうか。

(緑花文化士 横山直江) 2017年5月掲載

アサギマダラの食草となるキジョラン

アサギマダラの食草となるキジョラン

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2