公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
「シアバターノキ」とブルキナファソ
幹はコルク層に覆われ、乾燥に強いシアバターノキ

幹はコルク層に覆われ、乾燥に強いシアバターノキ

ある日の夕刊の化粧品の広告が目に留まりました。1本の樹木の写真があり、その果実から採られる脂で作られた化粧品の広告とのこと。植物好きの私の興味を惹きました。

 

「シアバターノキ」というアカテツ科の樹木で、小さな鶏卵ほどの果実の核から採られる油脂が、昔から西アフリカ北部一帯の重要な交易品だったとのことです。名前の通り、ヨーロッパでは調理油として使われると知りました。

 

その化粧品はフランス製で、日本にも販売店があると知り行ってみました。

そして、ハンドクリームをひとつ買いました。チューブ入りのその品は比較的購入し易い価格だったのです。

使ってみて、そのなめらかさと、何より良い香りのすることがうれしくて(それはその樹木の持つ香りだと思うので)クリスマスプレゼントにと友人に、そして自分用に毎年いくつか求めています。

 

ところで、「シアバターノキ」は西アフリカ北部の何という国が主な栽培地なのでしょう。

調べてみると、「ブルキナファソ」という聞きなれない国だとわかりました。地図を開いてみます。小さな国がいくつかある中の、海に面さない三角形のような国。化粧品の会社はフランスですが、栽培地のこの国の主婦たちのお財布が潤うといいな、なんて考えました。

 

ブルキナファソではサッカーの人気が最も高いが、
柔道や空手の人気も高い

 

ある日、どこの国の開催でしたか、夏季オリンピックの入場式をテレビで見ました。日本やアメリカのように洒落た制服で身を包み、100人単位で入場してくる選手たちの中に、たった3人民族衣装の選手が入場してきました。多分、選手は3人の中のおひとりなのでしょう、民族衣装がいいな、と思っていると、彼らは「ブルキナファソ」の札を掲げていました…。

 

今年開催予定の夏季オリンピックで「ブルキナファソ」の選手が参加されるのかどうか、わかりませんが、シアバターノキとオリンピックを通して、ブルキナファソという国が身近に感じられたことは言うまでもありません。

 

緑花文化士 松井 恭

2021年7月掲載

 

 

 

油脂をとる前のシアバターノキの果実と核

油脂をとる前のシアバターノキの果実と核

区切り線
過去記事一覧
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2