公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
みゆちゃんのわすれもの
みゆちゃんが訪れた里山(イメージ)

みゆちゃんが訪れた里山(イメージ)

自宅近くにある『生き物の里山』で、私は観察会のガイドを担当しています。鳥の観察会に、女の子はお父さんと一緒にやって来ました。両手で何かをそうーっと包むように持っています。手の中にあるものは、とても大切な宝物に違いないと私には分かりました。

 

「あのね、これはお姉ちゃんに借りたの。魔法のドングリなんだよ。」という女の子。やっぱり!!私はすぐに女の子と仲良しになり、みゆちゃんと言う名前や4月から小学生になることを教えてもらいました。

 

「ブタさん出ておいでー。ほーらブタさん。」

 

道端の草むらにしゃがみ込み、声をかけるみゆちゃん。鼻をフガフガさせながら手に乗せたドングリを見せてくれました。どこにでも落ちていそうなコナラのドングリ。いいえ、こんなに丸々コロコロ太っているのですもの、これは魔法で飛び出して来たブタさんだと私にはわかりました。

 

おとな達とみゆちゃんのお父さんは森の奥へウグイスの声を聞きに歩いて行きました。でも、みゆちゃんはやぶの中から枯枝をズルズル引っ張り出し、魔法のドングリで枯枝をほうきに変えてエイヤッ!とまたがりました。

「ウーン、ウーン、ちょっと待ってて。もうすぐ空を飛ぶんだから。」

「ウ~~~~ン」

「何か、今日はちょっと調子がでないみたい。」

決まり悪そうにみゆちゃんは言いました。

 

 

「ほら、見てごらん。」

私は上を指差しました。大きなケヤキが枝をいっぱいに広げています。

「今飛び上がったら、葉っぱの赤ちゃん達がケガしちゃうよ。」

「そっかー。」

みゆちゃんはにっこり笑いました。

 

お昼になって観察会が終わり、みゆちゃんもお父さんと帰って行きました。ところが大変です。駐車場に大切な魔法のドングリが落ちていたのです。私は、みゆちゃんが戻ってきた時にすぐに見つけられるよう、『生き物の里山』入口の事務所に置いておきました。

 

 

あれから何年も経ちました。忘れ物のドングリは今でも『生き物の里山』入口の事務所に置いてあります。ドングリを見るたびに、みゆちゃんと魔法を使ってコロコロ太ったブタさんに会ったり、ほうきにまたがって里山を探検したひと時を思い出します。

 

 

でも今度いつ、みゆちゃんがこの森に遊びに来るのか私には分かりません。

 

緑花文化士 山岸文子

2020年1月掲載

 

里山にいるのは、こんな生き物

里山にいるのは、こんな生き物

いまでも里山入り口に置いてあるどんぐり

いまでも里山入り口に置いてあるどんぐり

区切り線
過去記事一覧
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2