公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
サルスベリ(猿滑、百日紅)

庭に植えられる中国南部原産の落葉樹で、最近は公園の木や街路樹としても使われます。
幹は滑らかで「猿滑」の名があり、夏の間赤い花を咲き続けることから「百日紅」の別名もあります。白や紫、絞りの花もあります。

花の美しさ、花期の長さにちなんだ昔話が幾つかあります。朝鮮の伝説では、昔海岸の
漁村に、水難を防ぐため、村の娘を竜神に捧げる習慣がありました。ある年、長者の娘が選ばれ、最後の化粧を終え、海より来る竜神を待っていました。その時、この国の王子が
船で通りかかり、娘から事情を聞き、竜神と戦って負かしてしまいました。王子と娘はそこで相愛の仲となりましたが、王子には使命がありましたので、百日後にここに戻ると約束して、立ち去りました。娘にとって百日は千秋の思いで、百日を待たずして悶死してしまいました。百日目に戻った王子は、娘の死を知り悲しみました。娘の墓に生えたのがサルスベリで、百日の間、花が咲き続けているのだと言うことです。
漁に出たまま戻らぬ父親を、丘の上で火を焚いて待つ娘が、赤い花のサルスベリになったと言う昔話もあります。この木は、日当りが良く肥沃な土地で大きく育ちますので、このような物語が生まれたと思われます。
サルスベリは五月に新葉を出し、夏に花を咲かせ、十月には紅葉して葉を落とし始めます。四季の変化がはっきりしていて、都市に彩や季節観をもたらす優れた樹木と言えます。
芥川龍之介はこの落葉期間が長いことに気が付いて、「朝寝も好き、夜も早く寝てしまう、木が横着な人間と同じく、腹立たしく思えることがある。」と書いています。しかし、
サルスベリは暖かい地域の木で、冬は休眠して寒さをしのいでいるのですから、これは迷惑な話です。
この話は『上原敬二著・樹木大図鑑』を参考にしています。

(緑化文化士  宮本水文) 2018年7月掲載

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2