公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
年賀状 再び
1枚1枚手書きした年賀状

1枚1枚手書きした年賀状

以前、干支にちなんだ植物の絵の年賀状について書かせていただいたことがありますが、これはその後日譚です。

 

干支の絵の年賀状は、どんな植物にするかを考えて、その植物を捜すという過程が一番楽しく、それが決まるとほっとして、年末になるまで手をつけないのが生来無精者の私です。2020年は子年なのでネズミムギ(イタリアンライグラス)にしようと2019年の春に決めました。

 

これにはとても良く似た植物があって、ホソムギ(ペレニアルライグラス)といいます。ネズミムギは小穂にのぎがありますが、ホソムギにはありません。私は、イタリアのネズミにはヒゲがあるとおぼえています。5月から7月の散歩の時、道端で穂を摘んでは「これはネズミムギ、これは違う」とよりわけていましたが、芒があるような、ないようなものもあって、これは後に何かの本で「ネズミホソムギ」と命名されていると知って納得しました。

 

さて、ネズミムギも集まったし、ドライフラワーにしたり、押し葉にしたりして蓄えたので、これにインクをつけてペタリとスタンプして写しとり、後はコピーすればいいと簡単に考えていましたが、年末になっていざ取りかかってみると、この植物はインクの乗りが悪く、うまく写しとれない上に、それをコピーすると何だかわからなくなってしまいます。水を敷いたり色々悪戦苦闘しましたがうまくゆかず、結局一枚一枚手で描くはめになってしまいました。

 

30枚の年賀状を全て描き終えたのが2月29日でした。家族からは「それはもう年賀状じゃないよ」と言われながら、せめて2月の消印にしたいと29日に投函しました。このコラムのお話をいただいて、ネズミムギの写真と撮ろうと捜しに行って愕然としました。あんなに沢山あったのに、道路が拡張されて1本も生えていなかったのです。長い芒があっても、小穂の形は細長いもの、ずんぐりしたものと色々でした。

 

ところで、来年は丑年、カマツカ(別名ウシコロシ)にしようと思っています。私の散歩コースでは、みんな伐られてしまって、このカマツカが最後の1本になってしまったので、記念に葉っぱの形だけでも残しておきたいと思ったのです。道路際の田んぼの畦道に植えられているのですが、ひどい扱いを受けていて、折られたり車にこすられたり・・・。それに、近い将来、道路の拡張の為、伐られる運命にあります。そばを通る時はいつも「がんばっているね。」と声をかけています。お正月早々コロシという名前はふさわしくないかもしれませんが、このカマツカにエールを送りたくて決めました。

 

2022年の寅年には、ヌリトラノオを見つけたので、もう安泰と思っていたのに、この春出版されたシダの本によると、私の見つけたのはどうやらトキワシダだったようで、また振り出しに戻り、

楽しい植物捜しはまだまだ続きます。

 

 

▼みどり花コラム 遅くなってゆく年賀状
https://www.midori-hanabunka.jp/midori?term=m4188

 

緑花文化士 永田順子

2020年12月掲載

ネズミムギとホソムギの違い

ネズミムギとホソムギの違い

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2