公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
シマテンナンショウの話
緑色の仏炎苞が特徴のシマテンナンショウ

緑色の仏炎苞が特徴のシマテンナンショウ

伊豆七島の八丈島、三宅島、御蔵島に自生するシマテンナンショウはサトイモ科テンナンショウ属の植物で、鳥足状の2枚の大きな葉と緑の仏炎苞ぶつえんほうを持ちます。テンナンショウの仲間は地下に球茎を持ちますが、この中にはシュウ酸カルシウムの針状結晶を含み、食べると口の中が腫れ上がり大変なことになるといわれています。

 

ところが八丈島ではシマテンナンショウの球茎を食用としたと本で読んだことがあり、どうやって食べるのか長年疑問でした。

 

その後、何度か春に八丈島に行く機会があり、島の植物観察をしたり、西山(八丈富士)、東山(三原山)に登ったりと島を散策すると、至る所にシマテンナンショウが生えているのを見ました。道の脇にも山の中にもどこに行っても緑の仏炎苞から長い付属体を伸ばした姿を数多く見ることができるのです。

 

八丈島は東京から南に290キロ離れた島で、黒潮の影響で冬も暖かい場所で、昔は流人の島とも呼ばれ、江戸時代には春秋2回流人を運ぶ船が着き、何人もの罪人が村々に振り分けられていたそうです。

 

この頃は何度もの凶作や飢饉が島を襲い、島民は飢餓に苦しめられ、自分たちも食べていくのがやっとだったようで、700余人もの餓死者をだしたという記録も残っています。

 

流人が一つ一つ海岸から運んだ石で積み上げたという玉石垣

流人が一つ一つ海岸から運んだ石で積み上げたという
玉石垣

ところでシマテンナンショウはどうやって食べられていたのでしょうか?

 

長年の疑問を民宿のご主人に聞いてみると、ちょうど遊びに来ていたご主人の同級生という方が「俺は食べたことがあるよ。」というので、早速教えてもらうことができました。

 

シマテンナンショウは島ではヘンゴダマと呼ばれていますが、この球茎を掘ってきて洗い、蒸すか茹でるかして皮をむきます。これを臼に入れて搗いて餅状にして食べるそうです。私が「何も下処理をせずに食べるのですか?」とびっくりして聞くと、その方は笑いながら「食べ方があるんだよ。」と言われました。それは餅状になったヘンゴダマを千切って小さく丸め、顔を上に向けてこれをのどに落とし込むという何とも恐ろしい食べ方でした。味をかみしめるのではなく、お腹にたまればよい、それで飢えを忘れるのです。私はその話を聞いたとき、しばし絶句し、この島で暮らしてきた人々の生活の厳しさをほんの少しですが垣間見ることができました。

 

ヘンゴダマは飢えとの戦いの中で培われてきた食文化なのだと・・・

 

島にはテンナンショウの仲間は他にマムシグサとウラシマソウが自生していましたが、その方は「食べられるのはヘンゴダマだけだ。」と言っていました。多分、シマテンナンショウは他の二種に比べてシュウ酸カルシウムの含有量が少ないのではないのでしょうか。

八丈島の歴史のひとこまに植物を通して触れることができた旅でした。

 

緑花文化士 臼井治子

2021年3月掲載

 

 

シダ植物のヘゴも自生するほど暖かい

シダ植物のヘゴも自生するほど暖かい

シマテンナンショウの仲間のウラシマソウ

シマテンナンショウの仲間のウラシマソウ

区切り線
過去記事一覧
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2