公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
みどり花コラム
うちの藪は深山なり

街通りから今の場所へ引っ越して家を建てた時、周りは田畑で目立つ木も草も無かった。雑木林に住みたかったので、まわりにエゴノキ数本、ネムノキ、ウワミズザクラなどを植えた。

 

数年で鳥の置き土産のアケビが生え、カマツカが生え、山葡萄の一種エビヅルまで生えてきていよいよ藪になって、今では秋になるといろいろ収穫できる。アケビが今までで一番なった年は30数個ほど穫れ、垣根にまでぶら下がった。実を啜って、皮は味噌炒めにして食べたが食べきれなかった。

 

これまで最高で30個ほど実を付けたアケビ

これまで最高で30個ほど実を付けたアケビ

 

ウワミズザクラは越後ではアンニンゴと言って若い蕾を塩漬けにして食べ、実は果実酒にする。とても香りがいい。熟した実の果実酒はやや香りが落ちるが、ワインのようなきれいな色になる。

我が家のアンニンゴ(ウワミズザクラ)

我が家のアンニンゴ(ウワミズザクラ)

 

我が家のアンニンゴ(ウワミズザクラ)カマツカは白いかわいい花が咲いて秋には赤く熟し、果実酒にするとオレンジ色がかった酒になる。アンニンゴほどではないが、やはりバラ科の実だからか杏仁きょうにん香がある。

 

カマツカは秋に赤い実をつける

カマツカは秋に赤い実をつける

 

友だちに苗を貰ったナツハゼは黒く熟す。日本の野生のブルーベリーだそうな。ブルーベリーの数倍のポリフェノールを含むという。果実酒は疲労回復に効くと農業雑誌に体験談が出ていた。

 

「黒い真珠」とも呼ばれるナツハゼの実

「黒い真珠」とも呼ばれるナツハゼの実

 

ナツハゼを使った果実酒

ナツハゼを使った果実酒

 

山に住む友達がサルナシ(こくわ)の枝をくれたので挿し木したら付いて、これもよく実るようになった。いよいよ深山なみ、いい藪になってきた。サルナシは深い山へ行かないとなかなかない果実で、猿が木のうろに溜めて酒を醸したのはこの実だという言い伝えあり。やわらかく熟した実を端からちゅっと吸い込むのはおもしろく、甘酸っぱい珍味だけど、調子にのって食べすぎると舌が荒れる。

 

子供の時、県外へ養女になって出て以来、ずっと恋しかった魚沼の雑木林。そこに住みたいという願いは、結婚して新潟県に戻り、望んだ以上の雑木林、というか「藪」を手に入れて実現した。

 

春は、一冬雪の下になったエゴの実を食べに、つがいのキジバトが来る。

 

うちの藪は深山なり

うちの藪は深山なり

 

緑花文化士 千村ユミ子

(2022年9月掲載)

区切り線
過去記事一覧
うちの藪は深山なり
神社で出会った木々
光を効率よく求めて生きるつる植物
モッコウバラとヒマラヤザクラ
志賀直哉と赤城の躑躅つつじ
花のきょのいろいろ
桜の園芸文化
動物を利用してタネを散布する植物
お餅とカビ
危ない!お豆にご用心
風を利用してタネを散布する植物
山椒の力
土佐で見たコウゾの栽培
「大伴家持の愛した花 カワラナデシコ」
「シアバターノキ」とブルキナファソ
白い十字の花、ドクダミの魅力
いずれアヤメか
すみれの花咲く頃
シマテンナンショウの話
セツブンソウ(節分草)
ハイジとアルプスのシストの花
年賀状 再び
開閉するマツカサ
和の色、そして、茜染めの思い出
いわしゃじんを毎年咲かせよう
知らないうちに
ボタニカル・アートのすすめ
ハマナスの緑の真珠
恋する植物:テイカカズラ
マメナシを知っていますか?
桜を植えた人
春の楽しみ
みゆちゃんのわすれもの
遅くなってゆく年賀状
イソギクは化石のかわりに
イノコズチの虫こぶ
ヒマラヤスギの毬果
私たちのくらしと海藻
河童に会いに
カラスビシャクを観察して
何もかも大きい~トチノキ~
キンラン・ギンラン
早春の楽しみ
キンセンカ、ホンキンセンカ
カラスウリの魅力
イチョウ並木と精子
コスモスに秘められた物語
「蟻の火吹き」の語源について
新しい植物分類
サルスベリ(猿滑、百日紅)
小松原湿原への小さな旅
野生植物の緑のカーテン
江戸の文化を伝えるサクラソウ
工都日立のさくら物語 ―大島桜と染井吉野―
ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)
能楽と植物
サカキの冬芽と花芽
ケンポナシみつけた
セイダカアワダチソウの話
ヒガンバナ、そしてふるさと 
いにしえの薬草‘ガガイモ’
トリカブトの話し
ツユクサ、花で染めても色落ちしてしまう欠点を逆利用!
アサギマダラ
「思い込み」の桜
常磐の木 タチバナ
柿とくらし
植物に親しむ


TOPに戻る

公園文化ロゴ2