公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
公園管理運営チャレンジしました

2.外遊び×子育てイベント「青空くるくる」をサポートする
「青空くるくる」のイベントの1つ、泥んこ遊びで大人気の滑り台

「青空くるくる」のイベントの1つ、泥んこ遊びで大人気の滑り台

声かけに対して、子育て中のお母さん方を中心に年齢も性別も職業も異なる様々なメンバーが集まり、4月から月に1回ミーティングを開きました。私は担当スタッフとしてミーティングの進行をしながら、皆さんから次々浮かんでくるアイデアや確認事項を整理することが主な役割でした。メンバーの中には、小さなお子さんを連れている方もいましたが、メンバーが話し合っている横で遊んでいたり、誰かがそれとなく相手をしたりと、和気あいあいとした雰囲気でミーティングは行われました。メンバーの意見で9月にはイベントをやってみよう、とすぐに方向性が決まりました。また、5月のミーティングでは、“青空=野外で楽しい”と“くるくる=人や笑顔がくるくる”と言う意味をこめ、イベント名を「青空くるくる」、それを実施するメンバーを「青空くるくる実行委員会(以下、実行委員会)」にしようと名称が決まりました。

 

ミーティングを重ねるごとに、イベントに対するみんなのイメージが深まり、「動物を呼びたい」「音楽ライブやトークイベントもやりたい」など様々なアイデアが出て、具体的になってきました。公園としても初めての試みが多く、都市公園としての会場利用ルールや必要な資材等をどこまで公園がサポートできるかなど、皆さんのアイデアを実現するための調整を行いました。

区切り線
過去記事一覧
第26回 地域と協働したプロジェクト
第25回 地域住民の意見を聞きながら公園の魅力を維持・向上させる
第24回 Stay Homeでも公園を楽しむ
第23回 できる人が、できる時に、できることを
第22回 雪を有効活用して公園に笑顔を
第21回 地域をつなぎ、喜びを生み出す公園
第20回 絵本の世界を楽しみながら学ぶことのできる公園
第19回 全国に注目されるゴキブリ展を開催
第18回 大蔵海岸公園のマナードッグ制度
第17回 園内から出た植物発生材をスムーズに堆肥化する
第16回 地域の昔話を学ぶことのできる公園
第15回 公園の看板に一工夫
第14回 地域に貢献する農業公園
第13回 公園のイベントを通して子供たちに「外遊び」を提供!
第12回 生き物の面白さを伝える動物公園
第11回 増大かつ多様化する公園利用者に対応する施設管理
第10回 弘前公園のサクラを後世に引き継ぐ
第9回 未来につづく公園づくり
第8回 生き物にふれあえる公園づくり
第7回 発生材を有効活用する
第6回 幻の青いケシ
第5回 「街路樹はみんなのもの」という意識を
第4回 最良の門出を祝う「ローズウェディング」
第3回 感謝の気持ちを伝えるくまモン
第2回 ふるさと村で人形道祖神を紹介
第1回 様々な競技会にチャレンジ!


TOPに戻る

公園文化ロゴ2