公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
公園管理運営チャレンジしました
第14回 地域に貢献する農業公園

第14回は、東京都足立区にある足立区都市農業公園(以下、公園)で有機農業・無農薬栽培に取り組んでいる小泉 大和さんの「チャレンジ!」をお届けします。

足立区都市農業公園 園長 小泉 大和さん
足立区都市農業公園 園長 小泉 大和さん

様々な農作物の栽培が見られる公園
クウシンサイ、モロヘイヤ、ネギ、サトイモなど様々な野菜を育てている畑。

クウシンサイ、モロヘイヤ、ネギ、サトイモなど様々な野菜を育てている畑。

この公園には、足立区のかつての「農」の風景を思い起こさせる水田、畑、古民家があり、人と自然の共生館、染物や紙すきなどができる工房棟があります。私たちの組織「体験型有機農業パークマネジメント」は、2017年(平成29年)4月より指定管理者として公園を管理運営しています。公園を管理運営するに当たり、足立区と指定管理者の間で「年間30品目以上の作付け」「農薬・化学肥料不使用」の取り決めがあります。2017年はジャガイモやトマトなどの一般的な野菜から、ゴマやワタなど、なじみがあっても栽培状況を見る機会の少ないものまで様々な農作物約60種を栽培しました。

 

また、「農薬・化学肥料不使用」であるため、NPO法人 日本有機農業研究会の農家15名程度の方にスタッフとして農地管理をお願いし、約20人の援農ボランティアと私たち農業コーディネータースタッフ3人による日々の作業、公園で公募した14人(H30年9月現在)のボランティアで農作物の栽培を行っています。

管理で出てきた雑草等を堆肥にして畑でつかっている。

管理で出てきた雑草等を堆肥にして畑でつかっている。


生きものと共生しながらの農業
ウメにアブラムシが付くのを防ぐために、アブラムシが好む草を選んで植えている梅林。

ウメにアブラムシが付くのを防ぐために、アブラムシが好む草を選んで植えている梅林。

私たちの目指す「農薬・化学肥料不使用」は、単に安全・安心な食べ物の栽培ではなく、自然と共生する暮らしです。園内に生えている雑草をあえて刈らず、体験プログラムで使用するフィールドには生きものがすむ場所を確保する等、生きものや植物の特性を利用しながら農薬を使わずに園地管理を行っています。

 

 

それでもキャベツなどには多くのモンシロチョウの幼虫がつき、外側の葉は穴だらけになってしまうため、それらを取り除いた小さなキャベツを販売しています。育てているキャベツが全滅してしまう可能性もありますが、農薬で幼虫を駆除したりせず、後述するプログラムや公園に常駐するスタッフが農作物と生きもののつながりについて解説し、お客様に自然について理解を深めてもらうきっかけとしています。例えば、たくさんのモンシロチョウの幼虫が孵化しますが、その多くが寄生バチに寄生され、成虫まで成長できるものはほんのわずかであることを話し、キャベツもモンシロチョウも生態系の一部であることに気づけるようにします。

キャベツ1つでも、アオムシやアブラムシ、ヨトウムシなど様々な生き物が観察できる。

キャベツ1つでも、アオムシやアブラムシ、ヨトウムシなど様々な生き物が観察できる。


質の高いプログラムの提供によって公園のファンを増やす
公園では養蜂も行っており、ミツバチを観察するプログラムは人気が高い。

公園では養蜂も行っており、ミツバチを観察するプログラムは人気が高い。

公園では、スタッフが自然解説をする他に有機農業、食、環境など農業や地域の文化を知って親しんでもらうために、様々なプログラムを実施しています。2017年度は、生きものの観察をする、収穫した農作物を味わうなど当日気軽に参加できるプログラムから、全8回シリーズで3ヶ月かけて野菜を作る栽培プログラムまで、年間で1,000件以上のプログラムを実施しました。プログラムの中には、外部の講師を招くものもあり、園内の草花や野菜を描く絵画教室など、生活文化を取り入れたものも実施しています。

 

 

また、毎年10月には、2日間にわたって地元のお店の出展や収穫体験など様々な体験プログラムを実施する「秋の収穫祭」を実施しています。今年(2018年)は、10月20日(土)・21日(日)に予定しています。

 

 

 

これらの全てのプログラムは、公園を理解してもらうことと多くのお客様に公園を楽しんでいただくことを目的としています。このため、利用者の少ない平日の利用を増やすため、未就学児が参加できる「田んぼの生きものさがし」や園内の草花を使って色を擦りだす「草花ステンシル」など、簡単なプログラムを毎日実施しています。

 

これらのプログラムや公園スタッフの自然解説によって、お客様が「公園に行くと何か楽しいことがある」「あの公園スタッフの話が面白かったからまた聞きに公園に行こう」と思い、公園のファンがどんどん増えています。

収穫体験や秋の味覚を楽しむことのできる収穫祭。

収穫体験や秋の味覚を楽しむことのできる収穫祭。


地域と連携する農業公園
収穫した野菜を販売している「とれたてマルシェ」。平日のお客様増に繋がっている。

収穫した野菜を販売している「とれたてマルシェ」。平日のお客様増に繋がっている。

公園で採れた農作物の活用方法は、販売や農作物を活用したプログラムに使ったり、園内のレストランの食材として利用しています。園内での販売は、無農薬で安全な農作物であることとお手ごろな価格であることからお客様からの評判も良く、多くの方にお買い求めいただいています。

 

しかし、農作物は毎日採れるため、お客様の少ない雨の平日などには、農作物が余ることがあります。残った農作物は堆肥にして循環させてもよいのですが、食べられる農作物を堆肥にするのはもったいなく、なにかもっと良い活用方法は無いか探していました。

 

 

指定管理業務を始めて半年ほどしてから、公園の中で完結するのではなく、地域と連携、貢献する公園管理運営が必要だと考えはじめました。そんな時、小学校のPTAなどで組織したNPO団体が、公園のある鹿浜地域で月に1回、子ども食堂を実施していて、NPO代表の方が講演会をすると知り、聞きに行きました。講演では「食材を様々な方から寄付してもらっているが、食材が足りなくなることもあり、買い足さねばならず、活動することによって赤字になってしまうことが課題の1つである」と話されました。そこで、講演後にNPO代表と話し合い、地域貢献の一環として公園で採れた野菜を提供することとなり、今年(2018年)3月から公園で余った野菜を提供しています。また、NPO代表を通して、中学生の学習支援と食事の提供を行っている支援団体へも週1回有機野菜の提供を行っています。これらのNPO団体は寄付された食材を見てその日のメニューを決めるため、どんな野菜をお渡ししても受け取っていただけます。野菜を必要とする地域の子どもたちのために使ってくれるため、私たち公園も地域貢献ができているとうれしく思っています。

 

今後も、自然と共生する農業公園として様々な取り組みを行い、地域に無くてはならない、特色ある農業公園であり続けたいと考えています。

足立区のかつての「農」の風景を思い起こさせる園内。

足立区のかつての「農」の風景を思い起こさせる園内。


■関連サイト
足立区都市農業公園ホームページ http://www.ces-net.jp/toshino/
足立区都市農業公園Facebook https://www.facebook.com/toshinopark/

※文中に出てくる所属、肩書、情報などは、取材時のものです。(2018年10月掲載)

区切り線
過去記事一覧
第26回 地域と協働したプロジェクト
第25回 地域住民の意見を聞きながら公園の魅力を維持・向上させる
第24回 Stay Homeでも公園を楽しむ
第23回 できる人が、できる時に、できることを
第22回 雪を有効活用して公園に笑顔を
第21回 地域をつなぎ、喜びを生み出す公園
第20回 絵本の世界を楽しみながら学ぶことのできる公園
第19回 全国に注目されるゴキブリ展を開催
第18回 大蔵海岸公園のマナードッグ制度
第17回 園内から出た植物発生材をスムーズに堆肥化する
第16回 地域の昔話を学ぶことのできる公園
第15回 公園の看板に一工夫
第14回 地域に貢献する農業公園
第13回 公園のイベントを通して子供たちに「外遊び」を提供!
第12回 生き物の面白さを伝える動物公園
第11回 増大かつ多様化する公園利用者に対応する施設管理
第10回 弘前公園のサクラを後世に引き継ぐ
第9回 未来につづく公園づくり
第8回 生き物にふれあえる公園づくり
第7回 発生材を有効活用する
第6回 幻の青いケシ
第5回 「街路樹はみんなのもの」という意識を
第4回 最良の門出を祝う「ローズウェディング」
第3回 感謝の気持ちを伝えるくまモン
第2回 ふるさと村で人形道祖神を紹介
第1回 様々な競技会にチャレンジ!


TOPに戻る

公園文化ロゴ2