公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました みどり花コラム 公園”Q&A / アートコラム 咲いとWEB 機関誌「公園文化」
公園管理運営チャレンジしました
第5回 「街路樹はみんなのもの」という意識を

第5回目は、東京都江戸川区で住民からの苦情の元になることが多い街路樹を「みんなのもの」という
意識を広め、住民からも愛される街路樹として管理している江戸川区土木部水とみどりの課 調整係の
海老澤 清也係長の「チャレンジ!」をお届けします。

江戸川区 海老澤 清也さん
江戸川区 海老澤 清也さん

都市化の波と街路樹事業
江戸川区の街路樹

江戸川区の街路樹

江戸川区は東京都の東側に位置し、面積約49㎢、人口約69万人(平成29年3月現在)で、かつてはのどかな田園風景が広がっていましたが、昭和40年代になると急速に都市化の波が押し寄せ緑が失われていきました。そこで、区では昭和45年に「ゆたかな心 地にみどり」を合言葉に緑化運動を推進し、道路整備に合わせて街路樹の植栽を積極的に行い、昭和47年には245本だった街路樹は、平成6年には3万本にまで増えました。街路樹本数の増加とその成長に伴い日照や害虫駆除等様々な要望や意見が市民から届くようになりました。街路樹管理作業の発注件数も年間300件を超えるようになり、区の街路樹担当職員(以下、担当職員)の業務量も急激に増加していきました。

そのため、より効率的な街路樹管理を目的に平成6年に一部地域で、剪定、刈込み、除草、落ち葉清掃等の年間の街路樹管理作業を、造園事業者が適期を判断して行う委託方式を試行しました。この方式では、管理作業を実施(受託)する造園事業者(以下、受託者)が事前に年間作業計画を提出し、各作業の着手、完了の報告をすることによって、担当職員は常に現場の管理状況を把握できる上に、事務処理の手続きが減りました。このため、平成7年からは区内全域でこれを実施し、平成19年からは、それまで見積もり価格だけで受託者を決定していたものを、価格競争に伴う弊害の改善と優良造園事業者育成を目的に、見積もり価格と街路樹管理計画の総合点により受託者を決定する方法に変えました。更に平成20年からは、実施した街路樹管理作業に対する評価が高かった受託者には、翌年度も街路樹管理作業が受託できる権利を与えています。

江戸川区の街路樹数(昭和47年から平成27年)

江戸川区の街路樹数(昭和47年から平成27年)


街路樹指針による街路樹管理
道路毎に作成した目標樹形カード例

道路毎に作成した目標樹形カード例

植栽後30年以上経つ街路樹は大きく成長し豊かな街路景観となりましたが、それと同時に街路樹が支障になることも多くなってきました。そこで、平成19年に学識経験者、区の職員に加えて、区内で緑のボランティアをしている市民の3者で「街路樹のあり方検討委員会」を立ち上げました。その結果、平成20年に街路樹の設計基準、管理基準、住民参加の促進等のあらたな方針が提言され、これを受けて『江戸川区街路樹指針 新しい街路樹デザイン』(以下、指針)が完成しました。平成21年からは、この指針に従って街路樹のある道路毎に作成した目標樹形カードに基いた街路樹管理作業を行っています。従来はその都度、検討していた剪定方法がこれよって明確になり、担当職員や受託者の変更があっても、樹高や葉張り等の樹形が変わらず、効率的で安定した街路管理が可能となりました。更に、剪定作業を行う前に、受託者は道路毎に見本剪定を1本行い担当職員の確認を受けた後、剪定作業に着手します。

担当職員と受託者が一堂に会する街路樹剪定講習会


これに加え、年に1回、剪定技術向上を目的として全ての担当職員と受託者が合同で街路樹剪定講習会を実施しています。これは、区内の街路樹のある道路に集合し、受託者毎に1本ずつ剪定し、担当職員と受託者全員で優秀剪定を決め、受託者の剪定技術を競うと共に、街路樹剪定の共通目標を確認するものです。

また、指針の中で「大きくなり過ぎた街路樹は植え替え、更新する」ことになっており、実施にあたっては時期や予算等の検討が必要となりました。そのような状況の中で、水道局が震災対策として水道管の耐震化工事を実施することになりました。多くの水道管は街路樹の下に埋設されているため、水道管の耐震化工事に伴い、街路樹の植え替えが必要となり、これに合わせて街路樹の更新を進めていくこととしました。更新作業で移植困難な街路樹は、それまで地域を潤した大切な緑として、その材を新たな資源として加工して活用しています。

伐採した街路樹を再利用して地元小学生が「ゆたかな心 地にみどり」の標語を書いた表示板(江戸川区庁舎前)

伐採した街路樹を再利用して地元小学生が「ゆたかな心 地にみどり」の標語を書いた表示板(江戸川区庁舎前)


区民とともに歩む「緑のまちづくり」
バンダナをして活動している市民

バンダナをして活動している市民

良好な街路樹景観を育成するためには、地域の人々の協力が不可欠です。街路樹は「役所のもの」から「みんなのもの」へという地域愛を育む事業の推進です。

江戸川区では「ボランティア立区えどがわ」を目指して平成16年から「みどりのアダプト制度」を実施し街路樹や公園等での緑に関する活動を行う市民を緑のボランティアとして登録し、支援しています。江戸川区のみどりのアダプト制度は、「自分のペースで無理なく楽しく」をモットーに、一人でも多くの住民に参加してもらい、街路樹を「役所のもの」から「みんなのもの」という意識を持ってもらえるよう、一人からでも、年に数回の活動でも登録できるようにしています。区では登録者に、活動の目印である緑のバンダナの他、花苗や枯れ木丸太等の材料、活動内容をお知らせするサインを提供したり、清掃活動での落ち葉等の回収をしています。街路樹を利用したリースづくりや樹名板づくり等市民による様々なイベントへの資材の貸し出しも行っています。また、国土交通省「みどりの愛護功労者賞」へ活動団体を推薦し、受賞を果たす等、区では様々なサポートを実施しています。単に従来の緑の重要性をPRする一方通行の普及啓発ではなく、市民が自主的にそれぞれの地域でそれぞれのペースで楽しみながら活動することが大切であると区では考えています。

緑のボランティア活動の広がりは、街路樹への要望や意見に対して速効的な効果があるものではありませんが、やがて「街路樹はみんなのもの」という豊かな心の土壌となります。緑のボランティアを含む区のアダプト制度の登録者は8,728人(平成28年4月1日現在)になりました。その中には夏の早朝に親水公園の清掃活動をする子供からお年寄りまで様々な人の姿もあります。「親水公園は地域の財産(みんなのもの)」という姿であり「親水公園は役所のもの」という意識とは明らかに違うものです。

1970年(昭和45年)に「ゆたかな心 地にみどり」という合言葉を掲げ市民とともに取り組んできた江戸川区の「緑のまちづくり」は2020年で半世紀を迎えます。これからも市民とともに歩む「緑のまちづくり」を積極的に推進してまいります。

※文中の肩書、制度等はことわりの無い場合、取材時の平成29年3月時点のものです。

アダプト制度で活動している花壇に設置されたお知らせサイン

アダプト制度で活動している花壇に設置されたお知らせサイン

区切り線