公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
達人パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の達人 ロゴ

工夫を凝らして資金集め

現在、実行委員は15人程のメンバーで活動しています。40~50歳代の有職者や専業主婦が中心で、6割が女性です。毎年10月に行われる伊勢原市最大のお祭り「道灌まつり」が終了した頃を目途に、実行委員の活動がスタートします。11月からは毎週1回、午後7時から約2時間、市民活動サポートセンターや伊勢原大神宮参集所をお借りして会議を開きます。情報の共有と協賛金集めがメインの活動です。また、ペットボトルを再利用して作った「ペットボトル募金」で募金の呼び掛けも行います。実行委員が手分けして募金箱を作り、賛同いただいている飲食店やコンビニ(約90カ所)などに設置します。

協賛は2,500円で1枚の「協賛者観覧エリアチケット」を配布します。1万円以上の協賛については、花火大会のプログラムとホームページ上にお名前を掲載します。

花火大会を開催するには、煙火店への支払い以外にも会場運営、警備、音響、公園使用料、レンタルトイレ、保険代などで総額約2,000万円が必要です。

第6回大会(2017年)からは、収入を増やすために特別協賛観覧席を作りました。スタジアムの外野芝生席で、寝そべって打ち上がる花火を観覧できる「寝ソベリア」(1万円/人)、ゆったり座って観覧できる「イス席」(4000円/人)、カメラ・ビデオ撮影者用の三脚指定席「シューティングエリア」(5000円/人)の3種類の有料チケットを「ちけっとぴあ」を通じて販売しました。早めに会場入りして場所取りをする必要のない3種の指定席券は好評でした。特に撮影目的の花火愛好家が多く、「シューティングエリア」の売れ行きが早かったです。また伊勢原市のB級グルメが並ぶ飲食・物販エリアも充実させ、ステージイベントでは地元の演奏家によるバンド演奏なども行いました。

区切り線
過去記事一覧
40 3公園でキャンプ まちづくりとして活用
39 科学を通じて地域の人々と研究者をつなげる
38 北海道の公園で「やってみたい!」を実現(恵庭ふるさと公園:恵庭市)
37 土器づくりを通じて縄文文化を学ぶ(三ツ池公園:川崎市)
36 公園を地域住民の手で心地よい場所に変えていく(熊野公園:東村山市)
35 次世代のために故郷の自然環境を守り、伝えていく(亀山里山公園「みちくさ」:亀山市)
34 公園は楽しい学びの場!「サバイバルピクニック」、「地域住民による公園づくり」(都立野川公園:東京都)
33 外遊びの楽しさを伝えていく(柏崎・夢の森公園:柏崎市)
32 筑豊の自然を楽しむ会(健康の森公園 他:飯塚市)
31 自然を愛する仲間との森づくりボランティア(びわこ地球市民の森:守山市)
30 野外人形劇で、公園に広がった笑い声(水前寺江津湖公園:熊本市)
29 公園での新たな遊び「珍樹探し」(国営昭和記念公園:立川市)
28 子供たちの居場所で、寄り添い、見守り続ける(柳島公園:富士市)
27 市民とともに育て続ける公園を目指して(安満遺跡公園:高槻市)
26 砂場から広がった子供たちの笑顔(福島市内 他:福島市)
25 造園業者と子供たちがつくる 公園でのコミュニティ(京坪川河川公園(オレンジパーク):舟橋村)
24 子供と子育て世代の目線で再生されたゴーカートのある公園(桂公園:十日町市)
23 市民による、市民のための花火大会(伊勢原市総合運動公園:伊勢原市)
22 かかしで地域を活性化 海外も注目する山里(かかしの里:三好市)
21 市民の手によって「つくり続ける公園」(みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園):神戸市)
20 下町に残る、手つかずの自然を守り、育てる(尾久の原公園:荒川区)
19 絵本、ケルナー広場を通して、子供たちの成長を見守る(ケルナー広場:高崎市)
18 生かされていることを実感 自然と一体になれるサップヨガ(国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ:稲沢市)
17 震災後、市民の手によって再生された西公園(西公園:仙台市)
16 住民の心をつないだ3万個のキャンドル(大栗川公園:八王子市)
15 市民がつくり、見守る広場(朝霞の森:朝霞市)
14 満月BARで公園の非日常を楽しむ(西川緑道公園:北区)
13 わらアートで、地域に笑顔と一体感を(上堰潟公園:西蒲区)
12 再生物語を支えるボランティア組織「MEG」(七ツ洞公園:水戸市)
11 公園が図書館に変わる「敷島。本の森」(敷島公園:前橋市)
10 公園に地域の人が集う「はじっこまつり」(和田公園:杉並区和田)
09 トンボの魅力を子供たちに伝える(西岡公園:札幌市)
08 「朝市」で公園がコミュニケーションの場に(茅ヶ崎公園野球場:茅ヶ崎市)
07 「スポーツ鬼ごっこ」を通じて 子供たちの居場所づくりを実現(しらかた広場:松江市)
06 高齢者、障がい者に公園案内 ボランティア側も癒される(大泉緑地:堺市)
05 仲間と共に成長してきたみはまプレーパーク(みはまプレーパーク:千葉市)
04 地域で子供たちを育成・指導 地元の公園でイルミネーション作り(宇部市ときわ公園:宇部市)
03 公園がアートな空間に生まれ変わる日 あそびの重要性を考える「アートパーク」(松戸中央公園:松戸市)
02 子供たちにワークショップで地域貢献 公園での活動は発見の連続(松戸中央公園:松戸市)
01 自然環境は、利用しながら保全する(国営ひたち海浜公園:ひたちなか市)


TOPに戻る

公園文化ロゴ2