公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
達人パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
過去記事一覧
01 自然環境は、利用しながら保全する 02 子供たちにワークショップで地域貢献 公園での活動は発見の連続 03 公園がアートな空間に生まれ変わる日 あそびの重要性を考える「アートパーク」 04 地域で子供たちを育成・指導 地元の公園でイルミネーション作り 05 仲間と共に成長してきたみはまプレーパーク 06 高齢者、障がい者に公園案内 ボランティア側も癒される 07 「スポーツ鬼ごっこ」を通じて 子供たちの居場所づくりを実現 08 「朝市」で公園がコミュニケーションの場に 09 トンボの魅力を子供たちに伝える 10 公園に地域の人が集う「はじっこまつり」 11 公園が図書館に変わる「敷島。本の森」 12 再生物語を支えるボランティア組織「MEG」 13 わらアートで、地域に笑顔と一体感を 14 満月BARで公園の非日常を楽しむ 15 市民がつくり、見守る広場 16 住民の心をつないだ3万個のキャンドル 17 震災後、市民の手によって再生された西公園 18 生かされていることを実感 自然と一体になれるサップヨガ 19 絵本、ケルナー広場を通して、子供たちの成長を見守る 20 下町に残る、手つかずの自然を守り、育てる 21 市民の手によって「つくり続ける公園」 22 かかしで地域を活性化 海外も注目する山里 23 市民による、市民のための花火大会 24 子供と子育て世代の目線で再生されたゴーカートのある公園 25 造園業者と子供たちがつくる 公園でのコミュニティ 26 砂場から広がった子供たちの笑顔 27 市民とともに育て続ける公園を目指して 28 子供たちの居場所で、寄り添い、見守り続ける 29 公園での新たな遊び「珍樹探し」 30 野外人形劇で、公園に広がった笑い声 31 自然を愛する仲間との森づくりボランティア 32 筑豊の自然を楽しむ会 33 外遊びの楽しさを伝えていく 34 公園は楽しい学びの場!「サバイバルピクニック」、「地域住民による公園づくり」
公園の達人 ロゴ

公園は楽しい学びの場!

公園をより楽しく有効に使ってもらうために、公園との関わりの深い方々への取材を通して、皆さまに役立つ情報をお届けします。

 

 

第34回は、公園を使ったワークショップや、子供の住育、子育て支援の活動をしている建築家 加藤陽介さんのインタビューです。子供たちに空間づくりの楽しさや防災の知識を伝えるには、遊びながら学べる公園は最適な場所である、という加藤さんに話をうかがいました。

 

加藤陽介さん(建築家/一級建築士 株式会社 楓設計室 代表取締役)

加藤陽介さん
(建築家/一級建築士 株式会社 楓設計室
代表取締役)

 

 

学生時代に図書館が大好きだった私は、高校生の時に訪れた神奈川県立図書館(建築家・前川國男設計)に感動したことがきっかけで、建築家を志しました。大学時代より設計事務所に所属、12年の設計事務所勤務を経て、2008年に株式会社楓設計室を設立。現在、東京・八王子で設計事務所と明治45年創業の老舗酒屋をリノベーションした町屋カフェかね多屋たやを経営しています。
楓設計室では、住宅、店舗、福祉施設等の設計デザイン、調査・診断・鑑定、建築技術者育成支援を行っています。設計活動以外では、暮らしと環境や、子供と遊びに関する活動・研究、障がい者支援、子育て支援、まちづくり支援活動などを行っています。

 

町屋カフェ金多屋は、「食・アート・学び」の3つのコンテンツをもち、人々が集い、支え合い、共に学び合う場所として、2017年にオープンしました。八王子の新鮮野菜をたっぷり使ったサラダボールやスープ、落ち着いた空間でいただく日本茶や甘味が人気のカフェです。

老舗酒屋をリノベーションした町屋カフェ「金多屋」の外観。2階が楓設計室

老舗酒屋をリノベーションした町屋カフェ「金多屋」の外観。
2階が楓設計室

 

緑が気持ちよいカフェのテラス

緑が気持ちよいカフェのテラス

 

「金多屋」の店内。右奥のスペースでは若手から有名作家までのギャラリー展示を行っている

「金多屋」の店内。右奥のスペースでは若手から
有名作家までのギャラリー展示を行っている

 

子供たちに伝えたい「暮らしと環境」

現代は様々な環境問題に直面しています。環境問題は現代の大人だけではなく、世代を超えて取り組んでいく必要があると考えています。その1歩として、未来を担う子供たちに、まずは自分たちの暮らしや環境について興味・関心をもってもらいたい。関心を持った子供たちは、きっと大人になって地域、環境、暮らしに関心をもってくれる。子供が関心を持てば、まわりの大人もついてくる。だから、社会人向けの活動も大切ですが、子供たちに向けた、遊びを通した学びの機会の提供はもっとも大切なことだと思っています。

 

建築や暮らし環境に関心をもってもらうきっかけを作るワークショップ紙粘土で職業体験!目指せ未来の建築家 (楓設計室)

建築や暮らし環境に関心をもってもらうきっかけを作るワークショップ
紙粘土で職業体験!目指せ未来の建築家 (楓設計室)

遊びながら、いざという時のノウハウを公園で学ぶ

建築士の地域貢献活動の一環として、一般社団法人 東京建築士会の環境委員会のメンバーと都立野川公園(以下、野川公園)の協働で、親と子の建築・環境ワークショップ「サバイバルピクニック」を開催しています。このイベントは、親子で身近なものを使って、いざという時にテント代わりにもなるサンシェードづくりや火を使った缶詰料理を体験することで、災害時に役立つ知識や技術を楽しみながら学んでもらうこと、都市公園の防災機能を知ってもらうことを目的に企画しました。

 

 

初回の「サバイバルピクニック」は、2014年に職業能力基盤整備センター(小平市)の研修室を借りて実施しました。内容は空間づくりと環境に関する座学と駐車場スペースでのサンシェードづくりです。この1回目を終えて、空間づくりの面白さや環境、防災は座学で学ぶには限界があると感じ、私の友人で自然や公園と縁のあるNPO Birth代表の折原磨寸男さんに相談したところ、火が使えるエリアがある三鷹市の野川公園を紹介してもらい、会場として使用できることになりました。「サバイバルピクニック」は、防災施設をもつ野川公園側にとっても良いイベントとして受け入れてもらい、野川公園のスタッフも講師となり、防災公園の機能を紹介するプログラムも設けました。

 

 

2015年から実施している「サバイバルピクニック」は、野川公園が公園利用者や近隣住民を対象に参加者を募集しました。これまで5回、開催してきましたが、参加者は大人、子供、未就学児童を合わせ平均50人程です。スタッフは、建築士会のメンバー(中には子供連れのメンバーも)と野川公園のスタッフ、外部講師で約20人です。

開催は毎年5月または6月の土曜日に年1回(雨天順延)、時間は10:00~15:00です。外部講師には、私の友人でアウトドアライフの達人 長野修平さんにお願いしています。参加費(大人1,500円、小学生以下750円)は、材料代や食材費、保険料、講師への謝礼に充てています。

「サバイバルピクニック」のプログラムは、シーツなど家庭にあるものを使って自分たちの空間をどのように作るか体験してもらう「サンシェードづくり」と、缶詰を使った「サバイバル料理」、クラフトづくり、野川公園による防災機能の説明です。参加者には、軍手やサンシェードに使うシーツなどの大きな布、昼食用のおにぎりや食器、布巾などは持参してもらいます。

空間づくりから防災までを楽しみながら体験

会場は野川公園の「少年キャンプ場」です。開催日、当日のスケジュールを説明した後、私たち建築士会のメンバーが、大きな布と棒を使ってサンシェードの作り方を説明して見本を作ります。その後、お気に入りの場所を見つけたらスタッフと一緒にサンシェードづくり。みんなのサンシェードが完成したら、おなかが減ってきます。いよいよお楽しみの「サバイバル料理」です。長野さんより、缶詰にトマトソースやマヨネーズ、チーズなどをトッピングするなど、いろいろなレシピが紹介されます。缶詰をそのままかまどに置き、ぐつぐつと焼けたら出来上がり。熱々の缶詰料理に大人も子供も美味しい!と大絶賛です。昼食の時間を利用して、公園スタッフが防災ベンチの使い方など、野川公園の防災機能について説明します。

 

 

昼食後は参加者2~3家族がグループをつくり、大きなサンシェードづくりにチャレンジします。その他に長野さんが竹を使ったクラフトづくりを披露したり、完成したサンシェードに付ける名札づくりなどを行います。サンシェードはそれぞれ個性豊かなものが完成し、私たちプロの建築士が「工夫した点」や「改善点」などの講評を行ってイベントは終了です。

 

火を使って缶詰で調理したお昼ご飯を食べ、シーツで作ったテントの空間に身を置く子供たちはとても楽しそうな表情です。この遊びを通した体験が、将来、暮らしや環境、防災の学びとなり、役立つものになってほしいと思います。参加した親御さんからは「建築士と空間作りができて楽しかった」「シーツと棒だけで様々な形のテントができることを知った」「公園の防災機能を体験できたことが良かった」「災害時でも工夫次第で美味しく食べられる缶詰料理が参考になった」など多くの意見を頂きました。この「サバイバルピクニック」の活動は、建築学術団体である日本建築学会の子ども支援建築会議やシンポジウムでも発表し、多くの高評価をいただきました。

市民と行政との協働による公園づくりプロジェクト

八王子市の「市民による公園づくり事業」のお話もしようと思います。2,230平方メートルの未利用地に、町会の行事や災害時の避難場所を兼ねた、地域住民のコミュニティーの場となる広場をつくる計画で、川口町東部町会長からの依頼を受け、まちづくりの専門家として相談役という立場で参加しました。広場づくり事業は、地域住民、近隣の保育園や小・中学校、地域の団体、大学生、市役所の公園課などで構成された「広場づくり委員会」が発足し、どんな広場にするか1年間にわたり協議を行いました。

毎週末、子供から大人まで多くの地域住民やボランティアの大学生、市の職員が参加してワークショップを開催しました。「広場づくり委員会」では、広場を利用する周辺住民や子供たちの声を反映させることを尊重しました。私も「こんな広場にしたい」「こんな遊具がほしい」というテーマで、紙粘土を使って工作するワークショップを実施して、子供たちのアイデアを募りました。

対話から生まれてくるもの

広場予定地のすぐ横に一級河川(川口川)があります。広場をつくるに当り、広場と川の間にフェンスが設置される計画でしたが、私はフェンスを設置しないことを八王子市と川の管理者である国土交通省に要望しました。当初、行政側は、川は危険という反対意見でした。事故を防ぐためにフェンスを作ることは、もっともな正しい意見です。しかし、大人が考える以上に子供は自然からとても多くを学び、遊びの中で何があぶないかということも学ぶ。通常はとても穏やかな川にフェンスをし、遠ざけることで子供が遊び、自然から学べる機会を失う。結果、川への興味・関心がない大人になる。このプロセスは、現代社会において様々な場面で遭遇します。子供たちの遊びや未来の可能性を奪っているのは、実は都合主義の現代社会の課題です。

地域の大人たちも子供のころに遊んだ川口川が大好きでした。子育て、子育ちは社会、地域で取り組むもの。地域の方々や、行政との対話を重ねていきました。その結果、行政の方々に思いが伝わり、公園から川へのアプローチが設けられました。そして、なんと川に飛び石も設置してくれたのです。何か新しいことや、様々な意見を集約しながらカタチにすることは本当に大変ですが、地域の住民だけでなく、子供たちや行政職員も本当に楽しそうでした。市民参加のパワー、じっくり対話することの大切さを実感しました。

 

 

2010年4月、地域住民で考えた名称「川口東みんなの広場」(八王子市川口町)が開園しました。小さな広場ですが、地域の大事なコミュニティーの場となり、夏は盆踊り会場として賑わい、子供から高齢者までの憩いの広場となっています。川に設置された飛び石が自然の遊び場として誕生したことで、広場と川遊びを楽しむ子供たちの姿が見られるようになり、地元の住人からは、広場と自然が一体となった風景をとても喜んでくれました。この公園づくりは、計画段階から大勢の地域住民が参加した好事例です。参加した子供たちに郷土愛と広場を大事に使う心が育まれたと思います。

広場の樹木に設置する樹名板を手作りする子供たち

広場の樹木に設置する樹名板を手作りする子供たち

公園は遊びながら学びにつながる場所

サンシェードを作る際に参考にしたティピーはネイティブアメリカンの住居です。ネイティブアメリカンの子供たちは、日頃からままごと遊びのようにしてミニチュアのティピー(伝統的な移動式住居)を作っていました。ティピーを作る中で、自然と家づくりを学んでいました。その国によっては、子供の頃の遊び体験が大人になってからの住まいづくりや生活に生かされているのですが、残念ながら日本では、生活の基本的三要素である「衣・食・住」のうち、「住」や「暮らし」について学ぶ機会が少ないのが現状です。

 

 

豊かな感性、感覚が育まれる幼少期の子供たちは、身のまわりの暮らしや自然環境などを日々の遊びから学びます。私は「暮らしや環境」については、子供たちに遊びを通して伝えていくことを心掛けています。
「サバイバルピクニック」では、子供たちに遊びを通して、家づくりの楽しさや防災に関するノウハウを学んだと思います。防災施設を持つ公園で開催することによって、子供たちは遊びながら学ぶことができ、親にとっては避難場所の確認、公園の防災機能について知ってもらえるメリットもありました。野川公園での活動を知った他の公園管理者からも「うちでもやってほしい」と声が掛かりましたが、私は自分がイベントをやりつづけるのではなく、ワークショップのノウハウや経験を伝えていき、地域が自発的に実施することを期待しています。それぞれが主催者となり、保育園や小学校、学童や行政などと協働して、子供の環境教育と地域の防災意識を高める活動として実施していただけたら幸いです。

 

 

市民協働の公園づくりプロジェクトは、公園を作ることが本来の目的でしたが、私が考える真の目的は公園づくりを通した、コミュニティーづくりでした。大人だけでなく、自主的に子供たちも公園づくりに参加することが、地域に関心を持つきっかけとなり、郷土や自然、環境への思いが育まれていくものと信じています。

 

 

これからもできる限り、子供たちに「建築」「暮らしや環境」に関心を持ってもらうきっかけづくりのお手伝いをしていきたいと思います。

区切り線
過去記事一覧
34 公園は楽しい学びの場!「サバイバルピクニック」、「地域住民による公園づくり」
33 外遊びの楽しさを伝えていく
32 筑豊の自然を楽しむ会
31 自然を愛する仲間との森づくりボランティア
30 野外人形劇で、公園に広がった笑い声
29 公園での新たな遊び「珍樹探し」
28 子供たちの居場所で、寄り添い、見守り続ける
27 市民とともに育て続ける公園を目指して
26 砂場から広がった子供たちの笑顔
25 造園業者と子供たちがつくる 公園でのコミュニティ
24 子供と子育て世代の目線で再生されたゴーカートのある公園
23 市民による、市民のための花火大会
22 かかしで地域を活性化 海外も注目する山里
21 市民の手によって「つくり続ける公園」
20 下町に残る、手つかずの自然を守り、育てる
19 絵本、ケルナー広場を通して、子供たちの成長を見守る
18 生かされていることを実感 自然と一体になれるサップヨガ
17 震災後、市民の手によって再生された西公園
16 住民の心をつないだ3万個のキャンドル
15 市民がつくり、見守る広場
14 満月BARで公園の非日常を楽しむ
13 わらアートで、地域に笑顔と一体感を
12 再生物語を支えるボランティア組織「MEG」
11 公園が図書館に変わる「敷島。本の森」
10 公園に地域の人が集う「はじっこまつり」
09 トンボの魅力を子供たちに伝える
08 「朝市」で公園がコミュニケーションの場に
07 「スポーツ鬼ごっこ」を通じて 子供たちの居場所づくりを実現
06 高齢者、障がい者に公園案内 ボランティア側も癒される
05 仲間と共に成長してきたみはまプレーパーク
04 地域で子供たちを育成・指導 地元の公園でイルミネーション作り
03 公園がアートな空間に生まれ変わる日 あそびの重要性を考える「アートパーク」
02 子供たちにワークショップで地域貢献 公園での活動は発見の連続
01 自然環境は、利用しながら保全する


TOPに戻る

公園文化ロゴ2