公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
達人パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の達人 ロゴ

11月4日「朝霞の森」がオープン

広場の愛称は、公募で集まった約800候補の中から市民による投票によって20候補に絞られ、市の最終選考の結果「朝霞の森」に決まりました。

2012年11月4日、長い年月を経て、市民参加による手作りの広場「朝霞の森」が誕生しました。オープン当日は約800人が来場。オープニングセレモニーの後は、キャッチボールやドングリ拾い、木登り、アスファルトの道路跡にチョークで自由に絵を描く子供から自然散策する大人まで、それぞれが自由に楽しみました。

「朝霞の森」の日常清掃は、シルバー人材センター(市が依頼)から派遣された方が午前9時から夕方5時まで行い、清掃の他、見回りや来場者のカウントなども担当しています。敷地内には建物が建てられないため、可動式のトレーラーハウスを利用して管理員詰所にしています。

実際に使い始めると、いくつかの課題や要望がでてきました。

まず、オープン初日に自転車と子供の接触事故が起きました。市は急きょ「中学生以上の方の自転車の乗り入れはやめてください」という張り紙をしました。しかし、市民の意見で「やめてください」ではなく「事故が起きたので注意しましょう」に変えました。朝霞の森では、気が付いた大人が「声を掛け合う」ことを大切にしています。市民一人ひとりが思いやりの心で、子供たちを見守っていきたいと考えています。

また、市民からの要望で最も多かったのがトイレの問題です。広場内にはトイレがなく、隣接する青葉台公園のトイレの利用が不便だとして簡易トイレの設置案が浮上しました。しかし管理や費用の問題を重視して、青葉台公園のトイレをもっと目立つように表示しようということに落ち着きました。「朝霞の森」に設置した意見箱には、オープン当初、トイレやベンチ、ペットのマナーやドッグランの要望などの意見が寄せられましたが、市と市民で話し合いを行い、一つずつ、原則である「使いながら考える、考えながらつくっていく」を実践して問題解決に努めています。

区切り線
過去記事一覧
39 科学を通じて地域の人々と研究者をつなげる
38 北海道の公園で「やってみたい!」を実現(恵庭ふるさと公園:恵庭市)
37 土器づくりを通じて縄文文化を学ぶ(三ツ池公園:川崎市)
36 公園を地域住民の手で心地よい場所に変えていく(熊野公園:東村山市)
35 次世代のために故郷の自然環境を守り、伝えていく(亀山里山公園「みちくさ」:亀山市)
34 公園は楽しい学びの場!「サバイバルピクニック」、「地域住民による公園づくり」(都立野川公園:東京都)
33 外遊びの楽しさを伝えていく(柏崎・夢の森公園:柏崎市)
32 筑豊の自然を楽しむ会(健康の森公園 他:飯塚市)
31 自然を愛する仲間との森づくりボランティア(びわこ地球市民の森:守山市)
30 野外人形劇で、公園に広がった笑い声(水前寺江津湖公園:熊本市)
29 公園での新たな遊び「珍樹探し」(国営昭和記念公園:立川市)
28 子供たちの居場所で、寄り添い、見守り続ける(柳島公園:富士市)
27 市民とともに育て続ける公園を目指して(安満遺跡公園:高槻市)
26 砂場から広がった子供たちの笑顔(福島市内 他:福島市)
25 造園業者と子供たちがつくる 公園でのコミュニティ(京坪川河川公園(オレンジパーク):舟橋村)
24 子供と子育て世代の目線で再生されたゴーカートのある公園(桂公園:十日町市)
23 市民による、市民のための花火大会(伊勢原市総合運動公園:伊勢原市)
22 かかしで地域を活性化 海外も注目する山里(かかしの里:三好市)
21 市民の手によって「つくり続ける公園」(みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園):神戸市)
20 下町に残る、手つかずの自然を守り、育てる(尾久の原公園:荒川区)
19 絵本、ケルナー広場を通して、子供たちの成長を見守る(ケルナー広場:高崎市)
18 生かされていることを実感 自然と一体になれるサップヨガ(国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ:稲沢市)
17 震災後、市民の手によって再生された西公園(西公園:仙台市)
16 住民の心をつないだ3万個のキャンドル(大栗川公園:八王子市)
15 市民がつくり、見守る広場(朝霞の森:朝霞市)
14 満月BARで公園の非日常を楽しむ(西川緑道公園:北区)
13 わらアートで、地域に笑顔と一体感を(上堰潟公園:西蒲区)
12 再生物語を支えるボランティア組織「MEG」(七ツ洞公園:水戸市)
11 公園が図書館に変わる「敷島。本の森」(敷島公園:前橋市)
10 公園に地域の人が集う「はじっこまつり」(和田公園:杉並区和田)
09 トンボの魅力を子供たちに伝える(西岡公園:札幌市)
08 「朝市」で公園がコミュニケーションの場に(茅ヶ崎公園野球場:茅ヶ崎市)
07 「スポーツ鬼ごっこ」を通じて 子供たちの居場所づくりを実現(しらかた広場:松江市)
06 高齢者、障がい者に公園案内 ボランティア側も癒される(大泉緑地:堺市)
05 仲間と共に成長してきたみはまプレーパーク(みはまプレーパーク:千葉市)
04 地域で子供たちを育成・指導 地元の公園でイルミネーション作り(宇部市ときわ公園:宇部市)
03 公園がアートな空間に生まれ変わる日 あそびの重要性を考える「アートパーク」(松戸中央公園:松戸市)
02 子供たちにワークショップで地域貢献 公園での活動は発見の連続(松戸中央公園:松戸市)
01 自然環境は、利用しながら保全する(国営ひたち海浜公園:ひたちなか市)


TOPに戻る

公園文化ロゴ2