公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
生きもの小話パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
生きもの小話
ハリガネ Rock’n’roll

今日は、ハラビロカマキリと一緒に帰宅しました。

今夜の調査と研究のための大事な生きものなのである。

(ワクワク♪)

 

外見ではわからへんなぁ~(呟き)

…私、実は大阪生まれ…

 

夕食を終え、我が家の亀子たち(私の家族ですので「亀子」と呼んでいます)を寝かしつけ、いよいよハラビロカマキリと向きあう時間になりました。

右手にカメラ、左手にカマキリを持ち、撮影タイムの始まりです。ワクワク感とドキドキ感が徐々に高まってきます。

 

このハラビロカマキリのお腹からニョロリと!

 

水をはった洗面器にハラビロカマキリのお尻をつける瞬間がやってまいりました。

 

i-Phoneの動画撮影ボタンをすぐ押せるように親指の位置を確認してから、そーっと・・お尻を水につけてみました。その瞬間、カマキリの肛門から黒いヒモがニョロリと飛び出し、くるっと上に向きをかえて、私の左小指に絡みつこうとするではありませんか!あわてて右手に持っていたi-Phoneを放り出し、ニョロニョロした黒いヒモをピンセットで挟み込んで水の中へ誘導しました。どこまでこの黒いヒモはおしりから出続けるのだろうか?長い、長すぎる。

 

私の心配をよそにカマキリの表情?は変わりません。苦しそうでもない。

まさか、この黒いヒモのようなものに操られて元気が良いのだろうか?全部出しきったとたんに憔悴して元気がなくなったらどうしようか?

もうお腹へ戻すことはできない・・なんて考えている間に出ていらっしゃいました。

洗面器の中でウニョウニョと泳いでいる。

これが、「ハリガネ虫」なんだ。その名の通りハリガネが勝手に動いている。時折、水面に先端(顔?)を出しています。水深が浅いためなのか?それとも空気呼吸するためなのか?

元気が良すぎて洗面器から這い上がってきそうで目が離せません。考えた末、近くにあった500mlペットボトルの中へ移すことにしました。ピンセットで引き上げて中へ、キャップを閉めて気持ちが落ち着きました。これで飛び出る心配もなくなって一安心。

ニョロニョロと元気に、時には優雅に泳いでいます。ハリガネムシの展示水槽完成です!

カマキリも異常なし!ハリガネ虫も異常なし!を確認し、その日の調査を終了しました。

 

 

好奇心旺盛な亀子たちの目に触れないように、ハリガネムシ入りペットボトルはキッチン近くのテーブル上に置きました。

翌朝、ボトルを覗き込むと、水底でじっと動かず丸くなっています。寝ているのかと思えば、優雅に泳ぎ始めたり、なんとも不思議な生きものです。

 

ピンと伸ばすと、ピッタリ24cm

ピンと伸ばすと、ピッタリ24cm

 

 

数日後、今度はカエルと一緒に帰宅をしました。今夜の調査対象!私が向きあう生きものです。このカエルは、右目と左目が非対称に見えます。眼のラインや模様の入り方が異なっているのか?眼球自体の色合が違うのだろうか?

好奇心旺盛な私は、カエルのことでワクワクしていました。

 

いつものように観察する前に亀子たちを寝かしつけ、その後は夕食タイム。

夕飯はカエルと向きあう時間を多めに確保するため、短時間で作れるものを考えました。

 

茹で時間90秒!友人から美味しいよ!と進められた極細とんこつノンフライ麺に決めました。ラーメンにのせる野菜炒めをサッと作り、美味しいスープにしたいのでミネラルウォーターを使用。お湯が沸き、ゆで時間も90秒。よし!早い!麺とスープをどんぶりに入れて、炒めた野菜をのっけようとした瞬間、とんこつラーメンなのに、なぜか一本だけ黒くなった麺が入っている。麺が焦げたのか??不良品???菜箸で黒くなった麺を持ち上げてみた瞬間、脳内の記憶があるものと一致しました。これは24cm。数日前に向きあった黒いヒモも24cm。これから食べようとするラーメンの麺に、なぜあの24cmが混じっているのか?何が起きたのかが一瞬わからなかった。元気が良すぎてペットボトルのキャップまでも突き破ってしまったのか?いやちがう。

 

旨味を余すことなくいただこうと野菜炒めに使った黒いフライパンでミネラルウォーターを沸かしたため、24cmに気づかなかったのだ。

 

そう!私が美味しいスープにしようと使ったミネラルウォーターのボトルは、数日前にハリガネ虫を泳がせていた水槽(ペットボトル)だった…。

 

危うくハリガネ虫をいただきそうになってしまったことに衝撃が走りトラウマになりそうでした。もし、とんこつラーメンではなく、イカ墨スパゲッティを作っていたら…と考えただけで、どうしよう。このショックをそのまま放置してはいけない!トラウマとして残してはいけない!気持ちを立て直してから、もう一度ハリガネ虫を観察するところから始めました。ペットボトル(水槽)をよく見ると、観察した日時が記載されていました。細いペンで上品に書いたため気付かなかった。ラーメンどんぶりを覗き込むと黒いヒモは極細麺と同じ太さ。長さは変わらず24cm。茹でても縮まないんですね。そして、なんとまだ動いている。生きているのです。その生命力にただただ驚かされました。

 

間違って茹でてしまってごめんなさい。しっかり観察すると少し気持ちが落ち着いてきました。よし次は、夕食作りのやり直しです。あえて同じメニューを選びました。

 

今度は間違いなく新品のミネラルウォーターを使って…笑

 

美味しくいただけたことでトラウマを回避できたと確信できました。

 

生きものと向きあっていると色んな事が体験できます。時には、このようなハプニングだって起こります。生きものは、いつも様々なことを私に教えてくれます。

 

ハリガネムシのことをご存じない方は、是非、調べてみて下さい。カマキリに寄生して命をつなぐ興味深い生きものです。

 

さて、今からカエルと向きあう時間です。

 

もちろん夕食の材料では御座いませんよ…笑

 

ハリガネムシとカマキリ(YouTubeリンク)

 

(2024年1月掲載)

 

Project WILD公式HPには環境教育活動事例などが掲載されています:https://www.projectwild.jp/

 

キーワード: ハラビロカマキリ、ハリガネムシ、寄生生物
玉熊 祐子(たまくま ゆうこ)
玉熊 祐子(たまくま ゆうこ)
国営武蔵丘陵森林公園 企画グループリーダー 環境学習担当

Project WILDシニアファシリテーター
Growing Up WILDシニアファシリテーター
Project WILD鳥編シニアファシリテーター
小学校教諭・幼稚園教諭二種免許
保育士(入団後取得しました)

〇1975年大阪市生まれ。 幼少時、カールを持って公園へ遊びに行くことが楽しみでした。
趣味:生きもの教材集め・生きもの教材作り・Project WILD各州コーディネーターが発信しているサイトをみること(アイデアいっぱい)
特技:亀の飼育(飼育歴32年目)、生きものとコミュニケーションをとること(特に亀)

初等教育学科を専攻し、教諭をめざして学んでいました。 幼稚園教諭→大手語学学校勤務→幼稚園教諭を経て40歳で公園財団に入団。 総合管理部を経て環境教育推進室プロジェクトワイルド日本代表コーディネーター川原洋氏のもとで約5年間プロジェクトワイルド事務局業務、普及啓発、指導者としての研鑽に力を注ぎました。振り返れば半生以上、教育に携わる仕事をさせていただいています。 2023年2月から現職務に就く。 現場からプロジェクトワイルドJAPANと連携を取り、自然と生きものが豊かな国営公園第一号を舞台に、生きものを大切にする心を育む環境学習を発信しています。 プロジェクトワイルドの理念でもある“生きものを通じて環境を学び「自然や環境のために行動できる人」”を自ら実践しています。 ※亀生について・・17歳の時、ロードキル寸前のニホンイシガメベビーをレスキューしたことをきっかけに亀との共生がスタートし、今に至ります。
区切り線
過去記事一覧
「豊かさが繋いでくれるもの」
あなたの隣にもきっといる、クモ界のアイドル「ハエトリグモ」
幼少期は好きで触っていたのに今は…
どこもかしこも野生生物「ロードキル編」
夏の闇の恐怖、その後、風通し良く 
ハリガネ Rock’n’roll
出会いは当然に~振り向けばリュウキュウヤマガメがいる~
なんで苦手?
今年はクマのニュースが! Bear Coming Out
「生きもの」小話? わたしが生きものを愛するようになったわけ
母のイビキと猫 Mom’s Snoring and Cat
真夏のシャワー…香り付き
Midsummer Shower with some Fragrance

「秘境」の国の生きものたち ~海の生きもの編~
音のあるじは? Where does this sound come from?
ブナの森で実感した「オーディア」の必須要素
渡らない渡り鳥 ~変わりゆく渡り鳥のゆくえ~
海の仲間と船乗り
チョウチョと思ったら!I thought it’s a butterfly!
少年時代の生き物回顧録
恐るべし!驚異の身体能力を持つゴキブリ君
朋が教えてくれたこと
痛っ! It Hurts!
イトウの原野
爺ちゃんとの思い出 Memories with my Grandpa
ゆりかご代わり?こんなところに?!
牛乳ビンと幼虫 Milk Bottle and Caterpillar
スコーピオン Scorpion
カラスとおしゃべり!
生きもの小話 ホッキョクグマ編
忘れられない“お正月” Unforgettable "New Year"
「沖縄、トカゲモドキ奮闘記!」
I LOVEイモリ💗
サケの遡上を体験する
かわいい?厄介者? 『ニホンザル』人と野生動物との関係とは。
今年もバルタン星人 現わる! The Emergence of Alien Baltan
「Pura Vida」の国の生きものたち~魚編~
危険??生物 マムシ
Dangerous??Creature Japanese Copperhead

初めて触れた天然記念物の生きもの
Natural Treasure Creature that I touched for the first time



TOPに戻る

公園文化ロゴ2