公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
生きもの小話パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
生きもの小話
イトウの原野

夢中になることってありますか?

 

竿は自作のバンブーロッド!竹を丁寧に削って製作しました。

 

私にとっての一つは釣り。

初めての経験は父親と行ったマハゼ釣り。3~4歳の頃、ふわふわ泳ぎながら餌のゴカイを突く姿は今でも思い描くことができます。小学生になると友人と自転車で釣りに行くようになり、初めて釣ったのはオイカワ。高学年になると行動範囲も広がり、河口や海でスズキやクロダイも狙うようになりました。そして、ある漫画と出会います。矢口高雄さんの『釣りキチ三平』です。

 

私はまともに字も読めないようなおバカな小学生。でも、自然は大好きで釣りはもちろん昆虫採集にも勤しむ毎日。ザルいっぱいにカブトムシの幼虫を捕まえて得意げに母親に見せ、卒倒させるような子どもでした。図鑑以外は本も読まずに遊び呆けていた私ですが、釣りと自然を舞台にした『釣りキチ三平』に夢中になり、少しずつ図鑑以外の本にも手を出すようになりました。その三平くんのお話の中に『イトウの原野』という章があります。私の人生はこの物語に大きく変えられました。

イトウという魚をご存知ですか。日本では北海道にのみ生息する魚です。以前は東北地方にも生息していましたが姿を消し、北海道でも数を減らし、今では一部の地域にのみ生息しています。その大きさや数の少なさから「幻の魚」と呼ばれ、釣り人憧れの魚。イトウはサケ科イトウ属、学名をParahucho perryiといいます。種小名のperryiはあの黒船ペリー提督。彼がこの種を世界に紹介したことがわかります。

 

私の生まれは茨城県。憧れてもイトウを釣ることはできません。そんな夢の魚に近づける出会いがありました。それはお隣のおじさん。彼は釧路湿原のある町の出身で「イトウを釣ったことがある」と話してくれました。身近な人が触れたことがあるなら、いつか自分も手にすることができる。そんな思いが、そのときに生まれました。

『釣りキチ三平』の中で、イトウは「ユラー」っと巨大な背中を水面から出して浅瀬に現れます。その前を泳いだネズミが、ガブッっと飲み込まれてしまう。そのシーンを目の当たりにした三平くんは野ネズミ型ルアーを改良して巨大なイトウに挑戦する。そして、ついに巨大なイトウをフッキング、パートナーの谷地坊主と共にイトウの鋭い歯を軍手に引っ掛けて釣り上げることに成功したのです。大自然の中で繰り広げられるドラマに夢中になりました。

私は中学2年生からフライフィッシングを始めました。その頃ルアーフィッシングが大流行。でも私は誰もやっていないことがやりたい。そして、どんどんフライの魅力にはまっていきました。自分で巻いた(作った)フライで、日光湯川のブルックトラウト(カワマス)を釣り上げたときは本当に嬉しかった。日光は日本のスポーツフィッシングの始まりの地。これら西洋の釣りを持ち込んだ人たちが楽しんでいました。そんな場所でフライフィシングを楽しんでいる子どもに興味が湧いたのか、スペシャリストの方々が色々と教えてくれました。どんなフライがいいとか、この場所ではこう攻めたらいいなど、本には書かれていない貴重な情報でした。

 

いつかイトウを手にしたい。そして、憧れのイトウが住む北海道の生き物たちにも興味が広がって行きました。その想いはどんどん大きくなり、「北海道の大学に行って野生の生き物たちを学びたい」と、中学3年の頃に決心しました。紆余曲折を経て北海道の大学に進学、就職先も北海道に決めました。

学生時代、2度ほどイトウにルアーフィッシングで挑戦して惨敗。就職してからは道北の湿原河川に通うようになりました。フライフィッシングでの挑戦です。幻の魚と言われるイトウですが、その姿は早いうちから確認することができました。驚いたことにその様子はまさに『釣りキチ三平』で描かれてきた姿。浅瀬を泳ぐイトヨの群れに襲いかかる様子はまさに猛魚。追われたイトヨたちは驚いて陸上に打ち上げられます。そのイトヨに「背中を水面から出して」襲いかかる。まるで南米のオタリアに襲いかかるシャチのよう。

 

リールは100年近く前に作られたイギリスのリールです。
自作竹竿とアンティークリールでイトウを釣るのが私のこだわりです!

 

当時の私はゾンカーと呼ばれる細く切ったウサギの毛皮を使ったフライでイトウを狙っていました。まだ水に馴染んでいないゾンカーをキャストすると水の上に浮かんでしまいます。本来、水中に沈んで泳いでいる小魚のように見せるフライなのですが、ぷかぷか浮くとまるでネズミのよう。そのフライを沈めようと引っ張るのですが水面を漂ってしまう。ダメだな~と思っていたその時、水面を割って大きな口が…。そう、やっぱり彼らは「ネズミをも食べている」のです。そして26歳、私は初めてイトウを手にしました。震える手でフライを外そうとした時、鋭い歯で指を切り血が溢れ…そう、三平くんと谷地坊主の2人が軍手でひっかけて取り込んだ「谷地坊主流とりこみ法」通りの鋭い歯でした。

 

イトウ

 

現在、仕事が忙しく北の河川巡礼は減ってしまいましたが、彼らは今も北の大地を泳いでいます。しかし、その数は多くはありません。やはり幻なのです。私の住む地域にもチライ(アイヌ語でイトウの意味)という地名が残っているため昔は身近であったことに間違いありません。私が通っていた河川はキャッチ&リリースの徹底や保護活動が実り、数が少し増えていました。しかし、昨年の猛暑で水温が上昇し、イトウの息絶える姿がSNSを通して伝えられ、今春(シーズン)は「釣りを自粛しよう!」の呼びかけが届きました。私もイトウを愛するなかまとともに、彼らの復活を心から願っています。

 

北の大地に春の訪れを知らせてくれるフクジュソウの黄色い花。アイヌ語では「チライアパッポ」イトウの花という意味です。イトウは、早春に川を遡上して産卵します。婚姻色で真っ赤に染まった巨大なイトウが泳ぐ傍らで、黄色いフクジュソウが咲き誇っている。チライアパッポという名前の由来でしょうね。

数年前、私が住む地域の海でイトウの姿を目にしたとき、私の頭の中に素敵な映像が浮かびました。

 

フクジュソウの花が咲くころ、我が家の目の前を流れる川に巨大なイトウが悠々と泳いでいる。真っ赤に染まった巨大な背をゆらりと水面に出しながら。

 

 

(2022年8月掲載)

 

Project WILD公式HPには環境教育活動事例などが掲載されています。https://www.projectwild.jp/

キーワード: イトウ、釣りキチ三平、幻の魚、フライフィッシング、チライ
冨山光太郎(とみやま こうたろう)
冨山光太郎(とみやま こうたろう)
NPO法人渚滑川とトラウトを守る会 副理事長
遠軽町立遠軽中学校望の岡分校 教諭
Project WILD シニアファシリテーター
鳥編、GUW ファシリテーター

1967年茨城県生まれ。
1989年より北海道在住。
大学卒業後、1993年よりオホーツク振興局内で中学校理科教諭として勤務。子どもの頃から自然の中で遊ぶのが大好き。2005年から離農した薄荷農家さん宅を譲っていただき家族と共に畑や鶏、犬、猫と生活。休日はネイチャーガイドやフライフィッシングのガイドとして地元の森や川へ。最近仕事が忙しくて薪割りや畑仕事、自分のフライフィシングの時間があまり取れないのが悩みの種。
北海道認定アウトドアガイド(自然)、北海道フードマイスター。
区切り線
過去記事一覧
夏の闇の恐怖、その後、風通し良く 
ハリガネ Rock’n’roll
出会いは当然に~振り向けばリュウキュウヤマガメがいる~
なんで苦手?
今年はクマのニュースが! Bear Coming Out
「生きもの」小話? わたしが生きものを愛するようになったわけ
母のイビキと猫 Mom’s Snoring and Cat
真夏のシャワー…香り付き
Midsummer Shower with some Fragrance

「秘境」の国の生きものたち ~海の生きもの編~
音のあるじは? Where does this sound come from?
ブナの森で実感した「オーディア」の必須要素
渡らない渡り鳥 ~変わりゆく渡り鳥のゆくえ~
海の仲間と船乗り
チョウチョと思ったら!I thought it’s a butterfly!
少年時代の生き物回顧録
恐るべし!驚異の身体能力を持つゴキブリ君
朋が教えてくれたこと
痛っ! It Hurts!
イトウの原野
爺ちゃんとの思い出 Memories with my Grandpa
ゆりかご代わり?こんなところに?!
牛乳ビンと幼虫 Milk Bottle and Caterpillar
スコーピオン Scorpion
カラスとおしゃべり!
生きもの小話 ホッキョクグマ編
忘れられない“お正月” Unforgettable "New Year"
「沖縄、トカゲモドキ奮闘記!」
I LOVEイモリ💗
サケの遡上を体験する
かわいい?厄介者? 『ニホンザル』人と野生動物との関係とは。
今年もバルタン星人 現わる! The Emergence of Alien Baltan
「Pura Vida」の国の生きものたち~魚編~
危険??生物 マムシ
Dangerous??Creature Japanese Copperhead

初めて触れた天然記念物の生きもの
Natural Treasure Creature that I touched for the first time



TOPに戻る

公園文化ロゴ2