公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
あの日から70年。行こう、被爆樹木の声をききに-
広島の木に会いにいく
広島の木に会いにいく
著者:
石田 優子
出版社:
偕成社
発行年:
2015年
カテゴリ:
一般、樹木、平和

ドキュメンタリー映像作家である筆者が、「被爆樹木」を治療している樹木医と広島の街を歩き、被爆者、樹木の研究者※など様々な人から話を聞いて「被爆樹木」についてまとめたノンフィクション。被爆して重力屈性を失い枝が曲がっているユーカリや爆心地側の樹皮が乱れたクスノキなど約170本の「被爆樹木」が広島市内にあります。

中でも注目したいのは、原爆投下から2年後に広島、長崎の両市で162種、約500本もの被爆樹木を観察し、卒業論文としてまとめた勝田神能(かつだ しんのう)氏です。勝田氏の観察結果の一部が本書に紹介されており、現在の「被爆樹木」研究の参考になるものが多くあることが分かります。また、筆者は勝田氏へ取材に訪れますが、体調の思わしくない氏に十分な質問ができず「あと数か月でも早く勝田さんにあっていれば、より多くのことを語ってもらえただろう」と悔やんでいます。

終戦から73年が経ち、被爆者が少なくなり戦争体験を伺う機会は減っていきます。「被爆樹木」の存在は今後ますます重要になっていくと考えられます。

 

※「被爆樹木」について調べている研究者の一人は、筑波大学名誉教授の鈴木雅和先生で、「公園文化を語る」に水戸市にある七ツ洞公園再生の物語についてご寄稿いただいています。
https://www.midori-hanabunka.jp/talk?term=k7

2018年8月掲載

区切り線
過去記事一覧
あなたの あしもと コケの森
変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界
オオカマキリと同伴出勤
ランドスケープの夢
きのこの教科書 観察と種同定の入門
日本の固有植物図譜
パークマネジメントがひらくまちづくりの未来
植物はなぜ薬を作るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
生き物の決定的瞬間を撮る
—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック

都会のキノコ図鑑
動物園の緑を活用する39のヒント
群馬県公式はにわガイドブック
「HANI-本(ハニぼん)」

森を食べる植物 腐生植物の知られざる世界
クスノキの番人
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
花に魅せられた人々:発見と分類
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
動物園から未来を変える
長岡安平
言の葉 葉っぱ暦
木場公園(東京公園文庫53)
みんなの昆虫学校
チリとチリリ
絵図と写真でたどる 明治の園芸と緑化
先生のお庭番
震災が起きた後で死なないために
みぢかな樹木のえほん
珍樹図鑑
造園実務必携
東京の公園の歴史を歩く
鳥のフィールドサイン 観察ガイド
パステルで風景スケッチ
江戸の庭園 将軍から庶民まで
広島の木に会いにいく
木のすきなケイトさん
タヌキ学入門
ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生
―ピーターラビットの絵本の風景

樹と暮らす 家具と森林生態


TOPに戻る

公園文化ロゴ2