公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
言葉にならない“植物観察の勘所”を伝える
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
著者:
鈴木 純
出版社:
雷鳥社
発行年:
2019年 価格:1,600円(税別)
カテゴリ:
植物観察、街なか、一般

著者は、植物観察初心者向けに、「徒歩10分の道のりを100分かけて歩く『まちの植物はともだち』観察会」を開催しており、自らを“植物観察家”と名乗っています。

 

本書では、「植物の見た目」「植物の生き方」などのテーマに沿って、身近に見ることのできる植物を、たくさんの写真と共に分かりやすく解説しています。アカメガシワの葉を観察し、なぜその新葉が赤いのかを突き止めているページでは、植物に対する観察眼と着眼点に驚かされます。また、シロダモの葉っぱを火であぶるとどうなるのか、というような試してみたくなる植物情報もたくさん盛り込まれています。

 

ちなみに、アカメガシワの新芽が赤い理由は…アカメガシワの新葉をよく観察しても分からなかった方は、本書をご覧ください。

 

2020年2月掲載

区切り線
過去記事一覧
カラス学のすすめ
江戸文様こよみ
あなたの あしもと コケの森
変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界
オオカマキリと同伴出勤
ランドスケープの夢
きのこの教科書 観察と種同定の入門
日本の固有植物図譜
パークマネジメントがひらくまちづくりの未来
植物はなぜ薬を作るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
生き物の決定的瞬間を撮る
—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック

都会のキノコ図鑑
動物園の緑を活用する39のヒント
群馬県公式はにわガイドブック
「HANI-本(ハニぼん)」

森を食べる植物 腐生植物の知られざる世界
クスノキの番人
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
花に魅せられた人々:発見と分類
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
動物園から未来を変える
長岡安平
言の葉 葉っぱ暦
木場公園(東京公園文庫53)
みんなの昆虫学校
チリとチリリ
絵図と写真でたどる 明治の園芸と緑化
先生のお庭番
震災が起きた後で死なないために
みぢかな樹木のえほん
珍樹図鑑
造園実務必携
東京の公園の歴史を歩く
鳥のフィールドサイン 観察ガイド
パステルで風景スケッチ
江戸の庭園 将軍から庶民まで
広島の木に会いにいく
木のすきなケイトさん
タヌキ学入門
ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生
―ピーターラビットの絵本の風景

樹と暮らす 家具と森林生態


TOPに戻る

公園文化ロゴ2