公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
サラリーマン兼昆虫カメラマンの日常
オオカマキリと同伴出勤
オオカマキリと同伴出勤
著者:
森上信夫
出版社:
築地書館
発行年:
2020年8月 価格:1600円(税別)
カテゴリ:
昆虫、観察、写真

本書は、サラリーマンと昆虫カメラマンを兼業する森上信夫氏の昆虫の世界をファインダー越しに伝えたい!という思いの詰まった奮闘記です。

 

昆虫カメラマンにとっての1番の悩みは「時間の問題」です。もとより昆虫のアクションを待つ時間が長いことに加えて、著者の場合はサラリーマンとして普段働いているため、夜と休日が勝負の時間です。オオカマキリの産卵を撮影しようとした時には、徹夜で見守って朝を迎えてもタイミングが合わず、いつ産卵するか分からないオオカマキリをケージに入れて会社へ持っていき、撮影の機会を逃さないかドキドキしながら仕事をしたこともあったそうです。その後、無事に産卵シーンの撮影はできましたが、その瞬間が訪れたのは帰宅してから3時間後のことでした。

 

こうした苦労の末の成功やタイミングが合わず撮影できなかった失敗も重ねてきた著者の写真と言葉を、ぜひ皆さんも見て、読んで、刺激的な昆虫の世界を感じてみてはいかがでしょうか。

 

(2021年5月掲載)

区切り線
過去記事一覧
葉っぱ描命かくめい
カラス学のすすめ
江戸文様こよみ
あなたの あしもと コケの森
変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界
オオカマキリと同伴出勤
ランドスケープの夢
きのこの教科書 観察と種同定の入門
日本の固有植物図譜
パークマネジメントがひらくまちづくりの未来
植物はなぜ薬を作るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
生き物の決定的瞬間を撮る
—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック

都会のキノコ図鑑
動物園の緑を活用する39のヒント
群馬県公式はにわガイドブック
「HANI-本(ハニぼん)」

森を食べる植物 腐生植物の知られざる世界
クスノキの番人
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
花に魅せられた人々:発見と分類
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
動物園から未来を変える
長岡安平
言の葉 葉っぱ暦
木場公園(東京公園文庫53)
みんなの昆虫学校
チリとチリリ
絵図と写真でたどる 明治の園芸と緑化
先生のお庭番
震災が起きた後で死なないために
みぢかな樹木のえほん
珍樹図鑑
造園実務必携
東京の公園の歴史を歩く
鳥のフィールドサイン 観察ガイド
パステルで風景スケッチ
江戸の庭園 将軍から庶民まで
広島の木に会いにいく
木のすきなケイトさん
タヌキ学入門
ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生
―ピーターラビットの絵本の風景

樹と暮らす 家具と森林生態


TOPに戻る

公園文化ロゴ2