公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
樹木の四季は繋がる
紅葉のふしぎ 科学のアルバム
紅葉のふしぎ 科学のアルバム
著者:
佐藤 有恒
出版社:
あかね書房
発行年:
1985年 ※2004年に新装版が出ており現在でも販売中です
価格:1,330円(税別)
カテゴリ:
植物

樹木の葉が紅葉するのは、秋だけではないことをご存知ですか。

ケヤキを例に樹木の一年を追ってみましょう。

 

ケヤキの葉は、春から秋にかけて緑や赤、黄色に茶色と多彩に変化します。例えば、新緑の季節にはケヤキの葉は黄緑色です。それは、水・二酸化炭素・太陽の光の条件が揃って作り出される「葉緑素」という色素による色です。この色素は夏の暑さとともに色濃くなり、養分を作り出す働きがあります。夏に葉の緑が濃くなるのはそのためです。

秋を迎え気温が下がり、冬支度を始めた木々には、これまで目立たなかった「カロチノイド」という黄色い色素や、葉の中に残った糖分が使われて「アントシアニン」という赤い色素ができます。この色素の変化が紅葉なのです。

 

本書では、色素の変化を顕微鏡を使った実験を通して見ていき、紅葉の仕組みについて学ぶことができます。また、樹木そのものへの理解を深めるだけではなく、周囲の生物とのつながりについても考えさせられる一冊です。

 

みどりの図書館東京グリーンアーカイブスでは、本書のほか、植物・園芸に関する書籍や人物伝なども所蔵しています。

四半期ごとに発行するアーカイブス通信でも資料を紹介していますので、そちらも是非、ご覧ください。

 

https://green-archives.opac.jp/opac/top

 

(2021年12月掲載)

区切り線
過去記事一覧
NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる 最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方
キャンプで見られる植物図鑑
拾って楽しむ どんぐりの呼び名事典
地球は食べ物 いきもの獲って食べてみた日記
公園が主役のまちづくり-パブリックスペースのつくり方・活かし方
名古屋の富士山すべり台
散歩で見かける樹木の見分け方図鑑
葉っぱ切り絵コレクション いつでも君のそばにいる 小さなちいさな優しい世界
さくら研究ノート
植物図鑑
紅葉のふしぎ 科学のアルバム
面白くて眠れなくなる植物学
葉っぱ描命かくめい
カラス学のすすめ
江戸文様こよみ
あなたの あしもと コケの森
変化朝顔図鑑 アサガオとは思えない珍花奇葉の世界
オオカマキリと同伴出勤
ランドスケープの夢
きのこの教科書 観察と種同定の入門
日本の固有植物図譜
パークマネジメントがひらくまちづくりの未来
植物はなぜ薬を作るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
生き物の決定的瞬間を撮る
—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック

都会のキノコ図鑑
動物園の緑を活用する39のヒント
群馬県公式はにわガイドブック
「HANI-本(ハニぼん)」

森を食べる植物 腐生植物の知られざる世界
クスノキの番人
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
花に魅せられた人々:発見と分類
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
動物園から未来を変える
長岡安平
言の葉 葉っぱ暦
木場公園(東京公園文庫53)
みんなの昆虫学校
チリとチリリ
絵図と写真でたどる 明治の園芸と緑化
先生のお庭番
震災が起きた後で死なないために
みぢかな樹木のえほん
珍樹図鑑
造園実務必携
東京の公園の歴史を歩く
鳥のフィールドサイン 観察ガイド
パステルで風景スケッチ
江戸の庭園 将軍から庶民まで
広島の木に会いにいく
木のすきなケイトさん
タヌキ学入門
ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生
―ピーターラビットの絵本の風景

樹と暮らす 家具と森林生態


TOPに戻る

公園文化ロゴ2