公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
どうして樹に登るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
著者:
二階堂太郎
出版社:
築地書館
発行年:
2017年 価格:1600円(税別)
カテゴリ:
樹木、植物園、維持管理

森林インストラクターでもある二階堂氏が造園会社と植物園で20年間、植物の維持管理のために樹木に登り、対話する中で見つけた植物の世界を紹介しています。

 

二階堂氏は「弱っていく植物の原因を見つけられないまま対処に迫られることが多々あります。樹木を詳しく学べばどうにか解決できるのではなく、頼りになるのは教科書的な知識よりもそれまでに培った経験です。」と述べており、日々繰り返す植物管理の作業のほか、地上20mの樹に登る危険な剪定作業や夏冬の過酷な環境下での屋外作業などを経て、どんな状況にも対処できるように知識と経験を積んでいます。こうした積み重ねがあるからこそ、樹上でしか見ることのできない景色や五感で感じる樹木の生命力など、植物が創る世界のおもしろさに気づけるのでしょう。

 

公園や生き物の管理に携わる人々は、こういった考え方に強く共感する方も多いのではないでしょうか。

 

(2020年11月掲載)

区切り線
過去記事一覧
オオカマキリと同伴出勤
ランドスケープの夢
きのこの教科書 観察と種同定の入門
日本の固有植物図譜
パークマネジメントがひらくまちづくりの未来
植物はなぜ薬を作るのか
植物園で樹に登る-育成管理人の生きもの日誌
生き物の決定的瞬間を撮る
—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック

都会のキノコ図鑑
動物園の緑を活用する39のヒント
群馬県公式はにわガイドブック
「HANI-本(ハニぼん)」

森を食べる植物 腐生植物の知られざる世界
クスノキの番人
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
花に魅せられた人々:発見と分類
そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい
動物園から未来を変える
長岡安平
言の葉 葉っぱ暦
木場公園(東京公園文庫53)
みんなの昆虫学校
チリとチリリ
絵図と写真でたどる 明治の園芸と緑化
先生のお庭番
震災が起きた後で死なないために
みぢかな樹木のえほん
珍樹図鑑
造園実務必携
東京の公園の歴史を歩く
鳥のフィールドサイン 観察ガイド
パステルで風景スケッチ
江戸の庭園 将軍から庶民まで
広島の木に会いにいく
木のすきなケイトさん
タヌキ学入門
ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生
―ピーターラビットの絵本の風景

樹と暮らす 家具と森林生態


TOPに戻る

公園文化ロゴ2