公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
いつか消えてしまうかもしれない、タネの話
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
タネの未来 僕が15歳でタネの会社を起業したわけ
著者:
小林 宙
出版社:
家の光協会
発行年:
2019年 価格:1,600円(税別)
カテゴリ:
一般、タネ、伝統野菜

群馬県下仁田地方に伝わる下仁田ネギ、東京都練馬区周辺で栽培されている練馬大根、京野菜の加茂茄子など、全国各地にその地域に伝わる伝統野菜があります。しかし、F1品種の普及や種子法の廃止、伝統野菜を育てタネを作っている種屋の廃業等によって、伝統野菜のタネは危機的な状況に置かれています。

 

筆者は小学生のころからタネが大好きで、全国各地の種苗店へ赴き、伝統野菜のタネを探すことを通して、様々な人と出会い、現地でしかわからない気づきや次のタネ探しの手がかりを得てきました。その中で、伝統野菜のタネが置かれている状況を知り、危惧し、15歳(中学3年生)の時に伝統野菜のタネを未来に残すために会社を起業しました。

 

本書では、伝統野菜の置かれている状況を分かりやすく説明し、起業した際の苦労話や未来への抱負がまとめられています。最後の章では、農家が世襲的な世界ではなくなり、様々な人が参入している現状を鑑み、「農業界はたぶん、いいほうへ変わっていく」と結んでいます。

 

2020年4月掲載

区切り線
過去記事一覧
サラリーマン兼昆虫カメラマンの日常
ランドスケープの発展と人々の夢の実現
キノコ研究の実用書
日本の固有植物を対象とする原色図譜
新たな公園のあり方を問う
生きるために
どうして樹に登るのか
瞬間を捉えるテクニックがそこにある
こんな時は身近な自然を楽しもう
動物と緑を一緒に楽しむ
埴輪(はにわ)が紡ぐロマン
不思議な生態をもつ植物
その木に祈れば、願いが叶う
いつか消えてしまうかもしれない、タネの話
花と人間の関わり
言葉にならない“植物観察の勘所”を伝える
世界を驚かせた展示の先にあるもの
日本で最初のランドスケープアーキテクト(造園家)長岡安平
世界が認めた葉画家のアートコラム
「木材のまち」木場の歴史と木場公園の誕生、そして現在
虫が嫌いな人でも楽しめる
森のカフェで楽しむお茶
秘蔵資料で明かされる、現代園芸・緑化のルーツ
シーボルトに仕えた庭師
「避難所にテント村」という選択肢
生き物やくらしとつながる樹木の物語
樹木のそっくりさん大集合!
造園の基礎から実践まで
東京の公園の歴史を辿り、先人の込めた思いにふれる
“見る・撮る”とはひと味違う、新しい鳥観察の楽しみ方を提案
青空の下がアトリエ!
大名庭園から植木屋まで、江戸の庭園文化がわかる一冊
あの日から70年。行こう、被爆樹木の声をききに-
砂漠を緑の町にかえた ある女のひとのおはなし
かちかち山から3.11まで身近な野生動物の意外な素顔
ピーターラビットの故郷を知る
樹を知り、日々の暮らしの中で木のぬくもりに触れたくなる


TOPに戻る

公園文化ロゴ2