公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園の本棚パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園の本棚
あの日から70年。行こう、被爆樹木の声をききに-
広島の木に会いにいく
広島の木に会いにいく
著者:
石田 優子
出版社:
偕成社
発行年:
2015年
カテゴリ:
一般、樹木、平和

ドキュメンタリー映像作家である筆者が、「被爆樹木」を治療している樹木医と広島の街を歩き、被爆者、樹木の研究者※など様々な人から話を聞いて「被爆樹木」についてまとめたノンフィクション。被爆して重力屈性を失い枝が曲がっているユーカリや爆心地側の樹皮が乱れたクスノキなど約170本の「被爆樹木」が広島市内にあります。

中でも注目したいのは、原爆投下から2年後に広島、長崎の両市で162種、約500本もの被爆樹木を観察し、卒業論文としてまとめた勝田神能(かつだ しんのう)氏です。勝田氏の観察結果の一部が本書に紹介されており、現在の「被爆樹木」研究の参考になるものが多くあることが分かります。また、筆者は勝田氏へ取材に訪れますが、体調の思わしくない氏に十分な質問ができず「あと数か月でも早く勝田さんにあっていれば、より多くのことを語ってもらえただろう」と悔やんでいます。

終戦から73年が経ち、被爆者が少なくなり戦争体験を伺う機会は減っていきます。「被爆樹木」の存在は今後ますます重要になっていくと考えられます。

 

※「被爆樹木」について調べている研究者の一人は、筑波大学名誉教授の鈴木雅和先生で、「公園文化を語る」に水戸市にある七ツ洞公園再生の物語についてご寄稿いただいています。
https://www.midori-hanabunka.jp/talk?term=k7

2018年8月掲載

区切り線
過去記事一覧
サラリーマン兼昆虫カメラマンの日常
ランドスケープの発展と人々の夢の実現
キノコ研究の実用書
日本の固有植物を対象とする原色図譜
新たな公園のあり方を問う
生きるために
どうして樹に登るのか
瞬間を捉えるテクニックがそこにある
こんな時は身近な自然を楽しもう
動物と緑を一緒に楽しむ
埴輪(はにわ)が紡ぐロマン
不思議な生態をもつ植物
その木に祈れば、願いが叶う
いつか消えてしまうかもしれない、タネの話
花と人間の関わり
言葉にならない“植物観察の勘所”を伝える
世界を驚かせた展示の先にあるもの
日本で最初のランドスケープアーキテクト(造園家)長岡安平
世界が認めた葉画家のアートコラム
「木材のまち」木場の歴史と木場公園の誕生、そして現在
虫が嫌いな人でも楽しめる
森のカフェで楽しむお茶
秘蔵資料で明かされる、現代園芸・緑化のルーツ
シーボルトに仕えた庭師
「避難所にテント村」という選択肢
生き物やくらしとつながる樹木の物語
樹木のそっくりさん大集合!
造園の基礎から実践まで
東京の公園の歴史を辿り、先人の込めた思いにふれる
“見る・撮る”とはひと味違う、新しい鳥観察の楽しみ方を提案
青空の下がアトリエ!
大名庭園から植木屋まで、江戸の庭園文化がわかる一冊
あの日から70年。行こう、被爆樹木の声をききに-
砂漠を緑の町にかえた ある女のひとのおはなし
かちかち山から3.11まで身近な野生動物の意外な素顔
ピーターラビットの故郷を知る
樹を知り、日々の暮らしの中で木のぬくもりに触れたくなる


TOPに戻る

公園文化ロゴ2