公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
世界の公園パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
ストウヘッド(イギリス) ストウヘッド(Stourhead)

公園名: ストウヘッド(Stourhead)
所在地: イギリス ウィルトシャー(Wiltshire)
公式URL: https://www.nationaltrust.org.uk/stourhead

ロンドンから100kmほど西にあるイギリス風景式庭園。1,072haの敷地内には池を中心とした庭園や農作物や家畜を育てる農地だけでなく、森があり、野生生物の生息場所としての役割も果たしています。冬のライトアップも人気で、遠方からも多くの人が訪れます。

  • 池を周遊するように作られた園路を歩くことで、<br/>様々な角度から絵画のような景色を見ることができる

    池を周遊するように作られた園路を歩くことで、
    様々な角度から絵画のような景色を見ることができる

  • 芸術作品だけでなく、貴重な書物も収蔵されており、<br/>図書室は美しい装飾が施されている

    芸術作品だけでなく、貴重な書物も収蔵されており、
    図書室は美しい装飾が施されている

  • 樹木はガーデナーによって大切に守られている。<br/>オークやメープルなどの木々の秋の紅葉は美しい

    樹木はガーデナーによって大切に守られている。
    オークやメープルなどの木々の秋の紅葉は美しい

現在は、ナショナル・トラストが管理・運営していますが、ここには約300年間、イギリスの貴族一家が代々暮らしてきた素晴らしい建物が残されていて、彼らが世界中から収集した絵画や貴重な芸術作品などが多数残されています。歴史や文化に興味がある方は、ハウスガイドツアーにぜひ参加してください。ツアーでは、ここに住んでいた貴族一家が馬のレースで儲けたお金を庭の造成費に当てた話や、プラントハンターが持ってきた植物を植えた話など、イギリスの貴族社会という社会背景、歴史と共にストウヘッドを知ることができます。

庭園内には彼らが植栽し、受け継けついできた壮大で優美な木々がたくさんあります。二度の世界大戦を生き抜いた木々からは生きる力を感じられるでしょう。 いつ訪れても美しい庭ですが、秋の紅葉は見事です。この地域は秋の天候は変わりやすく、雨の日も多いのですが、霧がかかった風景も神秘的で良いものです。天気が変わりやすく、晴れ間が見えたときには虹がかかることも。寒さ対策もかねて、レインコートを準備していくことをおすすめします。

 
※公園文化WEB Facebookでは、ライトアップの写真なども公開しています。
あわせてご覧ください
公園文化WEB Facebook:https://www.facebook.com/kouenbunka.web/   
(2020年10月掲載)
区切り線
過去記事一覧
フィリップ アイランド ネイチャーパークス(オーストラリア)
マーガレット・マヒー・プレイグラウンド(ニュージーランド)
ブッチャートガーデン(カナダ)
カイヴォプイスト公園(フィンランド)
森の墓地(スウェーデン)
フログネル公園(ノルウェー)
海淀公園(中国)
ストウヘッド(イギリス)
ポートランド日本庭園(アメリカ)
ヒドコート・マナー・ガーデン(イギリス)
ミッチェルパーク(北アメリカ)
メルボルン王立植物園(オーストラリア)
ビシャン・アンモキオパーク(シンガポール)
ヴェルサイユ大庭園(フランス)
ザリャジエ公園(ロシア連邦)
ゴールデン・ゲート・パーク(アメリカ合衆国)
スカンセン(スウェーデン)
ソウル路7017(韓国)
カーキークパーク(アメリカ合衆国)
ヤラベンドパーク(オーストラリア)
エングリッシャーガルテン(ドイツ)
シウタデリャ公園(スペイン)
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(シンガポール)
コルドアリア庭園(ポルトガル)
ミレニアムパーク(アメリカ合衆国)
カネンフェルドパーク(スイス)
アルバートパーク(オーストラリア)
ハイドパーク(イギリス)
ベンジャシリ公園(タイ)
セントラルパーク(アメリカ合衆国)
イースト・コースト・パーク(シンガポール)
シャン・ド・マース(フランス)
韓国民俗村(大韓民国)
スタンレーパーク(カナダ)
キューケンホフ公園(オランダ)


TOPに戻る

公園文化ロゴ2