公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
世界の公園パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
カネンフェルドパーク(スイス) カネンフェルドパーク(Kannenfeldpark)

公園名: カネンフェルドパーク(Kannenfeldpark)
所在地: スイス バーゼル
公式URL: http://www.stadtgaertnerei.bs.ch/stadtgruen/paerke-gruenanlagen/kannenfeldpark.html

1950年代初頭に墓地から公園に転換された面積9.1ha、バーゼル市で最大の公園。周囲は塀に囲まれ、園内には墓地時代からの樹木(セイヨウトチノキ、ボダイジュ、カエデ)が植栽された並木があります。

  • 入り口の像や公園を囲む塀がヨーロッパの公園らしい。

    入り口の像や公園を囲む塀がヨーロッパの公園らしい。

  • セイヨウトチノキの並木が園内を南北に通っている。

    セイヨウトチノキの並木が園内を南北に通っている。

  • 既存の樹木を大切にしながら子供の遊び場を整備している。

    既存の樹木を大切にしながら子供の遊び場を整備している。

市民からの公園利用に対する要望により、市は2006年に改修計画を策定しました。その後2012年にかけてリニューアル工事が行われ、園内は、休息などの静的な利用と、アクティブな利用の両方ができる公園として改修されました。アクティブな利用が出来る施設として、子供の遊び場が改修・新設されました。子供の遊び場は、「ゲームアイランド」というコンセプトで円形の空間5つ(Swing Island,Sliding Island,Splash Island,Mud and Sand Island,Climbing Island)が整備されそれぞれのテーマにあった遊具などが置かれています。これ以外の子供の遊び場は、2013年秋に再設計され、この公園は市民の要望に合わせ、継続的に改修が続けられています。これら子供の遊び場を改修・新設したことにより、家族連れの利用が増えたそうです。  社会のニーズの変化とともに改修してきた一方で、180種類874本の樹木があり、それぞれの性質を重視しながら樹木の健全な育成に努めているため、大きな木が多く存在しています。

※公園文化WEB Facebookでも公園の写真を公開しています。
公園文化WEB Facebook:https://www.facebook.com/kouenbunka.web/ (2019年1月掲載)
区切り線
過去記事一覧
マーガレット・マヒー・プレイグラウンド(ニュージーランド)
ブッチャートガーデン(カナダ)
カイヴォプイスト公園(フィンランド)
森の墓地(スウェーデン)
フログネル公園(ノルウェー)
海淀公園(中国)
ストウヘッド(イギリス)
ポートランド日本庭園(アメリカ)
ヒドコート・マナー・ガーデン(イギリス)
ミッチェルパーク(北アメリカ)
メルボルン王立植物園(オーストラリア)
ビシャン・アンモキオパーク(シンガポール)
ヴェルサイユ大庭園(フランス)
ザリャジエ公園(ロシア連邦)
ゴールデン・ゲート・パーク(アメリカ合衆国)
スカンセン(スウェーデン)
ソウル路7017(韓国)
カーキークパーク(アメリカ合衆国)
ヤラベンドパーク(オーストラリア)
エングリッシャーガルテン(ドイツ)
シウタデリャ公園(スペイン)
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(シンガポール)
コルドアリア庭園(ポルトガル)
ミレニアムパーク(アメリカ合衆国)
カネンフェルドパーク(スイス)
アルバートパーク(オーストラリア)
ハイドパーク(イギリス)
ベンジャシリ公園(タイ)
セントラルパーク(アメリカ合衆国)
イースト・コースト・パーク(シンガポール)
シャン・ド・マース(フランス)
韓国民俗村(大韓民国)
スタンレーパーク(カナダ)
キューケンホフ公園(オランダ)


TOPに戻る

公園文化ロゴ2