公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
世界の公園パンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 世界の公園 たまて箱 公園の本棚 みどり花コラム 花みどり検定 公園”Q&A / アートコラム
18.ソウル路7017(韓国) ソウル路7017(Seoullo7017)

公園名: ソウル路7017(Seoullo7017)
所在地: 122-16, Bongnae-dong 2-ga, Jung-gu, Seoul, Korea

ソウル駅をまたぎ、東西にのびる高架道路は、1970年の開通から30年以上経ち、老朽化が問題となったため閉鎖され、歩道者専用の空中緑道「ソウル路7017」として2017年に生まれ変わりました。

空中緑道は長さ938m、幅10.3m、総面積9,661㎡で、

2017年のオープンから約2年で2千万人以上が訪れています。

  • 「ソウル路7017」には展望台があり、緑道を一望できる

    「ソウル路7017」には展望台があり、緑道を一望できる

  • 壁面緑化された建物では環境教育の体験ができる

    壁面緑化された建物では環境教育の体験ができる

  • ベンチの内側には小さな「冷やし足湯」が設けられて、涼をとることができる

    ベンチの内側には小さな「冷やし足湯」が設けられて、涼をとることができる

「ソウル路7017」は、高架道路が開通した1970年の「70」と、緑道に生まれ変わった2017年の「17」を組み合わせ名付けられました。 緑道には17ヶ所の出入り口があり、ソウル駅周辺から、アクセスできるようになっています。 緑道内には、展望台や野外ステージがあり、大道芸が行われ、楽器の演奏や踊り、歌等を無料で楽しむことができます。 空中緑道は、壁面緑化や鉢植えを中心に中低木が植栽されているため、木陰が少なく、夏の利用者が少ないことが課題となっていました。 そのため、緑道を管理するソウル市では、移動式の日除けやミストシャワーの設置、主要な入口での無料の日傘レンタル等の暑さ対策を2018年夏から実施しています。 これらの対応により、真夏でも憩うことのできる緑道として、ソウル市の観光スポットの1つになっています。  
区切り線