公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園文化を語る ロゴ

4.ウッディタウンのなかまたち

私は、年間を通じ、自動カメラを駆使しながら、昼夜を問わず公園の中を歩き回り、生き物の姿を探し求めています。撮りためた写真や動画は、自然観察会や小学校の環境学習、講演会や写真展、公園ボランティアの定期刊行物やインターネットなど、様々な機会や方法を使ってご紹介しています。

 

この秋、ごもくやさんは設立10周年を迎えます。これを記念し、現在、小冊子「ウッデイタウンのなかまたち」の製作を進めています。中央公園の森や水辺、ニュータウンの中を流れる川や住宅街の庭など、舞台を私たちの暮らす街にまで拡げて、この10年間の生き物たちの移り変わりを写真と文章で紹介します。

 

2020年10月発行予定「ウッディタウンのなかまたち」

2020年10月発行予定「ウッディタウンのなかまたち」

 

 

環境学習で写真や動画を見せるたび、子供たちは口々に「こんなに近くにタヌキやアナグマがいるなんて知らなかった!」と驚きの声を上げます。そう、日常生活の中でタヌキやアナグマに出会うことは滅多にありません。でも、「そこにいるかも」と思い始めた途端、世界は全く違う輝きを放ち始めます。

 

「家の近くでキツネを見た!」「テンが庭にやって来た!」

 

子供たちの新発見の役に立つことができたとしたら、これに勝る喜びはありません。

 

 

 

◆関連ページ
中田一真のホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt

 

※文中に出てくる所属、肩書等は、掲載時のものです。(2020年8月掲載)

区切り線
過去記事一覧
21 日本庭園と文様
20 インクルーシブな公園づくり
19 世田谷美術館―公園の中の美術館
18 ニュータウンの森のなかまたち
17 地域を育む公園文化~子育てと公園緑地~
16 公園標識の多言語整備について
15 環境教育:遊びから始まる本当の学び
14 青空のもとで子どもたちに本の魅力をアピール
13 関係性を構築する場として「冒険遊び場づくり」という実践
12 植物園・水族館と学ぶ地域自然の恵み
11 海外の公園と文化、そして都市
10 都市公園の新たな役割〜生物多様性の創出〜
09 日本の伝統園芸文化
08 リガーデンで庭の魅力を再発見
07 七ツ洞公園再生の仕掛け
06 ランドスケープ遺産の意義
05 公園文化を育てるのはお上に対する反骨精神?
04 公園のスピリチュアル
03 遺跡は保存、利活用、地域に還元してこそ意味をもつ  ~公園でそれを実現させたい~
02 公園市民力と雑木林
01 これからの公園と文化


TOPに戻る

公園文化ロゴ2