公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園文化を語る ロゴ

遺跡「保存」の難しさ


吉野ヶ里歴史公園が開園して今年で14年になります。1989年に吉野ヶ里遺跡が弥生時代最大の環濠(かんごう)集落であることが判明し、保存が決定され、国営公園として整備されるまで実にさまざまな人たちとの膨大な時間をかけた議論がありました。その多くの難問や課題の中で私が最も重視したことは、遺跡の利活用についてです。遺跡は保存するだけではなく、一般の人に公開するなどして、活用されてこそ意味があるのです。

遺跡の保存活用はとても難しい問題です。

1970代後半、佐賀県北部にある久保泉丸山遺跡が発見されました。当時、発見された場所(佐賀市久保泉町)は、長崎自動車道の建設予定地の敷地内で、遺跡は国の史跡レベルの評価がありました。このとき佐賀県教育委員会にいた私は文化財保護の責任者という立場で、保存か、それとも破壊か、という問題に直面しました。しかし、すでに高速道路の建設準備が進んでいたため、路線変更による保存は不可能でした。また、橋をかけて遺跡を高速道路の橋げたの下に残した場合は、ほかの例では遺跡はゴミの捨て場か野犬のすみかになってしまうものです。そこで考えたのが遺跡の「移転」でした。この「保存」か「破壊」かの二者択一での議論を続けていた中、保存のための「移転」は第3の道の選択でした。

移転先は長崎自動車道の金立(きんりゅう)サービスエリアから歩いて行ける「金立公園」(佐賀市金立町)です。公園を訪れた人はもちろんのこと、サービスエリアに立ち寄った人も歩いて貴重な遺跡を見ることができます。当初、この移転案については国会でも議論されましたが、結果、この遺跡の移転は歓迎されました。

この久保泉丸山遺跡は、公園整備が遺跡保存の手伝いとして、利活用につながるという経験になりました。

また、佐賀県北部に豊臣秀吉が朝鮮出兵のために築いた名護屋城跡と諸大名の陣跡があります。名護屋城跡を中心に半径3キロメートルの範囲に遺跡が広がり、陣跡の数は約140。広域な遺跡群で国の特別史跡です。70年代後半ごろ名護屋城跡と陣跡の調査を担当していた私に、県の都市計画課の人が「国営公園という考え方もある」と言っていました。私はそのときは「無理な話だな」と思ったものの公園という発想はいいな、と感じました。その後、吉野ヶ里遺跡を国営公園として整備に取り組むことになるなど、そのときは知る由もありませんでした。

区切り線
過去記事一覧
21 日本庭園と文様
20 インクルーシブな公園づくり
19 世田谷美術館―公園の中の美術館
18 ニュータウンの森のなかまたち
17 地域を育む公園文化~子育てと公園緑地~
16 公園標識の多言語整備について
15 環境教育:遊びから始まる本当の学び
14 青空のもとで子どもたちに本の魅力をアピール
13 関係性を構築する場として「冒険遊び場づくり」という実践
12 植物園・水族館と学ぶ地域自然の恵み
11 海外の公園と文化、そして都市
10 都市公園の新たな役割〜生物多様性の創出〜
09 日本の伝統園芸文化
08 リガーデンで庭の魅力を再発見
07 七ツ洞公園再生の仕掛け
06 ランドスケープ遺産の意義
05 公園文化を育てるのはお上に対する反骨精神?
04 公園のスピリチュアル
03 遺跡は保存、利活用、地域に還元してこそ意味をもつ  ~公園でそれを実現させたい~
02 公園市民力と雑木林
01 これからの公園と文化


TOPに戻る

公園文化ロゴ2