公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園文化を語る ロゴ

筆者の過去にフラッシュバックする活動

文末になるが、筆者は1988(昭和63)年から2014(平成26)年の間、福岡市にある国営海の中道海浜公園にある海の中道海洋生態科学館(マリンワールド海の中道)に勤務していた。振り返ればこの地も、四方を海に囲まれた半島構造の、花と緑に溢れる広大な公園の中で、水族館の運営管理に携わってきた。その当時からも、共に自然の恩恵を享受する公園事業者として、人々の生涯学習に協働で寄与するという連携意識をもち、数多くの自然学習のプログラム実践を行っていた。つまり、ここでの経験が、今いる因島での活動に大きなヒントと後押しを与えてくれていることは間違いない。過去に支援応援していただいた人々に感謝する毎日である。

 

※文中に出てくる所属、肩書等は、掲載時のものです。2018年8月掲載

区切り線
過去記事一覧
21 日本庭園と文様
20 インクルーシブな公園づくり
19 世田谷美術館―公園の中の美術館
18 ニュータウンの森のなかまたち
17 地域を育む公園文化~子育てと公園緑地~
16 公園標識の多言語整備について
15 環境教育:遊びから始まる本当の学び
14 青空のもとで子どもたちに本の魅力をアピール
13 関係性を構築する場として「冒険遊び場づくり」という実践
12 植物園・水族館と学ぶ地域自然の恵み
11 海外の公園と文化、そして都市
10 都市公園の新たな役割〜生物多様性の創出〜
09 日本の伝統園芸文化
08 リガーデンで庭の魅力を再発見
07 七ツ洞公園再生の仕掛け
06 ランドスケープ遺産の意義
05 公園文化を育てるのはお上に対する反骨精神?
04 公園のスピリチュアル
03 遺跡は保存、利活用、地域に還元してこそ意味をもつ  ~公園でそれを実現させたい~
02 公園市民力と雑木林
01 これからの公園と文化


TOPに戻る

公園文化ロゴ2