公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園文化を語る ロゴ

ワークショップ・アートセッションの取り組み


アートフェスタの会期中には関連事業として来園者向けのワークショップ、作品を出品した生徒たちの交流を図る「アートセッション」も継続して行っています。

 

ワークショップでは、来園した親子を対象に気軽に造形体験ができるプログラムを実行委員会のメンバーが考案し、実施します。アーティストが考案する題材は学校や保育の現場では用いたことのない技法や材料もあるので、社会教育の場だからこそできるものという実感もあります。そしてやはり会場で作品を見ると「自分も作ってみたい!」という気持ちになるのが子どもたちで、保護者もサポートといいながら、夢中になっている姿をたくさん目の当たりにしました。これらの活動の実施には毎年助成金を申請し、採択されたものを活用しています。自身の持ち出しで行う事業は継続が困難になるので、プロジェクトの運営にはいかに外部資金を調達してくるかというノウハウも必要になってきます。

 

また、アートセッションでは中・高校の美術部の生徒が多く参加してくれます。他校の生徒とグループになり、自身の作品について話をしたり、時には共同制作をしたり、園内の動物をスケッチしたり、動物園職員の方からとっておきのお話を聞かせてもらうこともありました。最初は緊張した面持ちであった子どもたちがアートを通じて交流し、中には普段不登校の生徒がこの日だけは来たというようなことを聞くと、やはり『場』を作ることの大切さを感じます。

区切り線
過去記事一覧
24 アートで公園内を活性化!
23 手触りランキング
22 和菓子にみる植物のデザイン
21 日本庭園と文様
20 インクルーシブな公園づくり
19 世田谷美術館―公園の中の美術館
18 ニュータウンの森のなかまたち
17 地域を育む公園文化~子育てと公園緑地~
16 公園標識の多言語整備について
15 環境教育:遊びから始まる本当の学び
14 青空のもとで子どもたちに本の魅力をアピール
13 関係性を構築する場として「冒険遊び場づくり」という実践
12 植物園・水族館と学ぶ地域自然の恵み
11 海外の公園と文化、そして都市
10 都市公園の新たな役割〜生物多様性の創出〜
09 日本の伝統園芸文化
08 リガーデンで庭の魅力を再発見
07 七ツ洞公園再生の仕掛け
06 ランドスケープ遺産の意義
05 公園文化を育てるのはお上に対する反骨精神?
04 公園のスピリチュアル
03 遺跡は保存、利活用、地域に還元してこそ意味をもつ  ~公園でそれを実現させたい~
02 公園市民力と雑木林
01 これからの公園と文化


TOPに戻る

公園文化ロゴ2