公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
公園文化を語る ロゴ

リガーデンで庭の魅力を再発見

「公園文化を語る」は、様々な分野のエキスパートの方々から、公園文化について自由に語っていただくコーナーです。
第8回目は、全国の造園業者が集う、日本最大の造園緑化団体として、技術技能の向上、よりよい緑の環境づくりをめざし様々な活動を展開している(一社)日本造園組合連合会の井上花子理事・事務局長にご寄稿いただきました。
inoue_hanako

(一社)日本造園組合連合会 井上花子理事・事務局長



樹木の植栽、コケ、石を配置しリガーデンした例 前(上)と後(下)作庭写真山口市・(有)坂本造園)

樹木の植栽、コケ、石を配置しリガーデンした例 前(上)と後(下)
(作庭写真山口市・(有)坂本造園)

「リガーデン」ご存知ですか。住宅のリフォームに対抗して、1997年、講談社から刊行した園芸書『庭師が教える新しいガーデニング』の中で、私が名づけた造語です。当時はガーデニングブーム真っ盛りでしたが、庭中に草花の鉢があふれ、足の踏み場もない状態の庭を庭師が手を入れて、景色を作り、庭を再生した事例を2例掲載したときに「リガーデン」と名づけました。2016年では、ヤフーの検索でも1300万件ヒットするように知られてきたように思います。

そもそも庭園の世界では、「模様替え」といわれ、庭好きなお客さんは10年に1度ぐらいの間隔で、庭の改造を行ったものでした。庭に植えられた樹木は日の当たる方向に生長し、バランスが崩れてきます。植木の向きを替え、時には鋸を使っての荒透かしをするというような模様替えは良く行われたものでした。植木職人の手間が安い時代、暇なときに植木屋さんに仕事の場を提供するという一面もあったようです。

区切り線
過去記事一覧
20 インクルーシブな公園づくり
19 世田谷美術館―公園の中の美術館
18 ニュータウンの森のなかまたち
17 地域を育む公園文化~子育てと公園緑地~
16 公園標識の多言語整備について
15 環境教育:遊びから始まる本当の学び
14 青空のもとで子どもたちに本の魅力をアピール
13 関係性を構築する場として「冒険遊び場づくり」という実践
12 植物園・水族館と学ぶ地域自然の恵み
11 海外の公園と文化、そして都市
10 都市公園の新たな役割〜生物多様性の創出〜
09 日本の伝統園芸文化
08 リガーデンで庭の魅力を再発見
07 七ツ洞公園再生の仕掛け
06 ランドスケープ遺産の意義
05 公園文化を育てるのはお上に対する反骨精神?
04 公園のスピリチュアル
03 遺跡は保存、利活用、地域に還元してこそ意味をもつ  ~公園でそれを実現させたい~
02 公園市民力と雑木林
01 これからの公園と文化


TOPに戻る

公園文化ロゴ2