公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
アートパンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
大きな地震が起こったら、公園に避難すればいいの?

震災発生時には、市街地で大規模な火災が発生する恐れがあります。このような火災やその他の危険から身を守る場所として、大規模な公園や緑地などが避難場所に指定されています。
大地震が発生し、揺れが収まったら、自分の周囲の状況を確認します。ラジオ・テレビからの情報や、公的機関からの避難指示を確認し、周囲に火災の危険がある時、近所の「一時集合場所」に避難します。一時集合場所は、家族や近所の人たちが集まって被害の状況を確認したり、集団で避難するための集合場所で、近所の小さな公園等が指定されていることがあります。そこで火災の危険が無くなるまで様子をみた後、自宅に戻るか、自宅が被害で生活できない場合は、小・中学校などに開設される「避難所」に避難します。火災の危険が大きく、一時集合場所も危ない時には、「避難場所」に直接避難することになっています。一時集合場所の場所や、避難の仕方は、区市町村がそれぞれで定めていますので、ホームページなどで確認されておくと安心ですね。

※避難の順序は、こちらをご参照ください。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/bousai/1000029/1000316.html



同じカテゴリの記事