公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園とSDGsパンくず
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました 公園とSDGs 生きもの小話 みどり花コラム アートコラム 花みどり検定 公園の本棚 世界の公園 たまて箱 公園”Q&A /
海辺の公園で環境負荷の少ない石鹸を導入
区切り線
団体名

ミヨシ石鹸株式会社、一般財団法人 公園財団

場所

国営ひたち海浜公園他

内容

国営ひたち海浜公園では、感染症拡大防止の一環として、全ての手洗い場への石鹸の設置を検討しました。同公園の手洗い場の一部には、下水を介さない浸透桝もあることから、石鹸によって、環境へ負荷がかかることが考えられました。このため、ミヨシ石鹸株式会社の協力を得て、パーム油などの天然素材で作られた環境負荷の少ない石鹸を購入・設置しました。

石鹸を設置するために、園内管理作業時に出た発生材を利用して設置台を作った

石鹸を設置するために、園内管理作業で出た発生材を利用して設置台を作った

また今後、環境負荷の少ない石鹸利用の普及啓発を行うため、ミヨシ石鹸株式会社では、国営ひたち海浜公園を管理運営する組織のメンバーである一般財団法人 公園財団の管理運営する公園において、「石鹸づくり」「シャボン玉体験」「水のろ過実験」等の体験イベントを通して環境学習を実施し、地球に負荷をかけないライフスタイルの提案を行う予定です。

 

※コロナ禍により、2021年は、体験イベントは未実施

効果

屋外に設置されている水道も含め、全ての手洗い場に石鹸を設置して手洗いを促すことにより、衛生環境を良くし、SDGsの「3.すべての人に健康と福祉を」を実現することに加え、天然素材だけでできた石鹸を設置することによって、海や川に流しても微生物や小魚のエサになり、石鹸の成分が自然に還り、きれいな環境を保つことができます。下水を介さない浸透桝も設置されている同公園に、このような自然に還る石鹸を設置することは「6.安全な水とトイレを世界中に」「14.海の豊かさを守ろう」「17.陸の豊かさも守ろう」の各ゴールに対して大きな役割を果たしています。
更に、実施予定である石鹸づくり等のイベントは、楽しみながら環境を考えるきっかけづくりを提供できる良い取り組みであり、今後の実施に期待が持てます。

 

 

国営ひたち海浜公園 砂丘エリア

国営ひたち海浜公園 砂丘エリアからは太平洋を望むことができる

 

(2021年10月掲載 )

 

関連ページ:
ミヨシ石鹸株式会社 https://miyoshisoap.co.jp/
国営ひたち海浜公園 https://hitachikaihin.jp/

区切り線