公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました みどり花コラム 公園”Q&A / アートコラム 咲いとWEB 機関誌「公園文化」
みどり花コラム
サカキの冬芽と花芽
写真1 赤い冬芽と出てきた側芽(稲荷神社にて)

写真1 赤い冬芽と出てきた側芽(稲荷神社にて)

冬は咲く花も少ないので、植物の冬芽や葉痕をみる自然観察会が、多く開催されます。

過日、自然観察会を実施している知人から冬芽の話しをしたところ、サカキの冬芽について、参加者から「その冬芽は花芽なのか、葉芽なのか」と質問され、答えに迷ったと知らされました。ハナミズキやクロモジなどでは、冬期に来春開く花芽を見ることができますが、サカキでは見当りませんので、時間を追って調べてみました。

写真1はサカキの12月の姿で、今年伸びた枝の先端に、赤い鳥の爪のように曲った特徴的な冬芽がついています。日当りのよい枝では、所々にもう側芽がみられますが、花芽なのか葉芽なのか不明です。側芽は葉のある葉腋や、枝に直接的に着いていますが、直接的に着くところは、葉をつけなかった葉腋だと思います。

 
新年を迎え、4月下旬から5月初旬にかけて、写真2のように、先端の冬芽は新しい枝葉を伸ばし、葉腋についた側芽で枝葉となるものの根元には、先の丸い形をした花芽がつきます。枝葉のない所の側芽も3~4個の花芽となっていきます。

この花芽が開花するのは、6月の中旬頃写真3のように、5花弁のロウ細工のような、径15mmほどの厚みのある乳白色の花を、チャの花のように下向きに咲かせます。花にはほのかに香りがあります。花つきは大変よく、それ相当の果実がつくのですが、7月になると多くが落ちてしまい、成熟するものはほんの一部になります。

以上のように、サカキの爪のような冬芽は春に伸びて新枝になりますが、年内に花芽をつけず、冬を越して2年目を迎えて、花芽をつけることがわかります。

サカキは関東地方では、自生をみるのは難しいので、榊と国字で書くように神事に使われますので、神社の庭をさがすのがよいと思います。


(緑花文化士 古川克彌)   2017年12月掲載

写真2 冬芽は新枝となり伸び、側芽が花芽となっていく

写真2 冬芽は新枝となり伸び、側芽が花芽となっていく

写真3 ロウ細工のような乳白色の厚みのある花を下向きに咲かせる

写真3 ロウ細工のような乳白色の厚みのある花を下向きに咲かせる

区切り線